スポンサードリンク



TOP> おならの臭い >おならが臭い訳

おならが臭い訳

おならというのは本来であれば、くさくないのです。

「本来であれば」というのが難しいのですが、オナラというのは、口から入った食べ物が、身体の各消化器官で消化されていく時に発生するガスのことで、正常な状態であれば無臭となるのです。


「本来であれば」とか「正常な状態であれば」なんて回りくどい表現を使っていますが現代人は、この「本来であれば」とか「正常な状態であれば」という状態が極めて難しい現実があります。



では、どういう状態のときが、おならが臭い時になるのでしょうか?


おならが臭う、臭わないは、主に腸で食べ物が分解されたときに出るガスの種類によって決まります。

おならは、豆類やイモ類などが消化された時にできる発酵型のガスと、肉や卵などの動物性たんぱく質が消化された時にできる腐敗型のガスの2種類に分けることが出来ます。

おならが臭いのは、肉食中心による腐敗型ガスのせいで、臭いの原因物質は、インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素などが強いにおいを発生させるのです。

他の原因では、腸内の悪玉菌が増えすぎているとき、胃腸の働きが悪い時、ストレスが多い時、玉ネギやニンニクといった、硫黄分の多いものを食べた時もおならの臭いは強くなる傾向があります。



現代人は、どちらかというと肉食中心です。

つまり腐敗型のガスを作りやすいのです。


昔の日本人は肉よりも魚中心の食生活で、野菜もたくさん摂っていたので、食物繊維なども十分摂取していたと言えます。

このおかげで、あまりオナラが臭くなかったのです。

今、肉食をやめて魚や野菜中心の食生活に戻せ、といっても普通の人は無理でしょうけど・・・。
posted by おなら博士 at 18:25 | おならの臭い
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。