スポンサードリンク



TOP> おならの臭い >食物繊維でおならを解消

食物繊維でおならを解消


おならと食物繊維はどういった関係があるのでしょうか?


食物繊維といえば、腸の働きを整え活性化させる第6の栄養素として知られています。

食物繊維そのものは人間が自分で消化吸収できないと言われていますが、実は人間の腸内には様々な腸内細菌が生息していて、ある程度の食物繊維を発酵、分解することができるそうです。

食物繊維には多くの種類があって腸内細菌による発酵分解のされやすさというものも差があるそうです。

(チコリ根などのイヌリンや、グァ豆に含まれるガラクトマンナンの水溶性食物繊維は、比較的発酵されやすい部類の食物繊維です)

食物繊維が腸内細菌によって発酵されるとき、短鎖脂肪酸という物質が生成されますが、短鎖脂肪酸が人の腸内環境を整える上で非常に重要な物質なのです。

短鎖脂肪酸が生成されると腸内が酸性に傾き、悪玉菌と呼ばれる腸内細菌が生息しにくい環境になります。

善玉菌が働きやすい環境になるのです。


つまり、おならが臭い原因のひとつである悪玉菌の増加を抑えやすい環境を作ることが出来るようになります。


オナラの量は腸内環境の悪化によって多くなったり、臭いもくさくなったりします。

オナラがくさい原因は、腸内での異常発酵などで悪玉菌が増えるということも重要です。


悪玉菌の増加を抑制できればおならの臭いは、きつくなくなっていくはずなので、食物繊維をとることはオナラの臭いを抑える上では重要なことだと言えます。

posted by おなら博士 at 16:41 | おならの臭い
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。