スポンサードリンク



TOP> おならの臭い >おならの臭いの変化には危険が潜む

おならの臭いの変化には危険が潜む


オナラには良いおならと悪いおならがあります。

良いオナラは、あまり匂いません、そんなに臭くないオナラです。

反対に悪いオナラというのは、くさい匂いを出します。


おならの量が多くなるのは、飲み込む空気が多く(炭酸飲料をたくさん飲んだ等です)なったり、食べた食物の分解ガスが多い食品であったりすることもあるので、臭わなければそんなに神経質になる必要もないように思います。


早食いもたくさんの空気を飲み込む原因で、おならが多くなる原因です、良く噛んで食べると良いのです。



気をつけなければならないのが、急にオナラが臭い匂いを出すようになったときです。

オナラが急に臭くなるのには、それなりの訳があり、口臭や体臭が臭くなったときには体調も悪くなっていたりするのと同じで、臭いおならは腸の健康状態を反映するとも言われています。


腸内環境の悪玉菌と呼ばれる腸内細菌が善玉菌の数を上回り、肉や卵などのタンパク質を分解するとき、アンモニア、硫化水素、インドール、スカトール、揮発性アミン等のガスが発生し臭くなります。

また、交感神経を刺激して、顆粒球を増加させ、活性酸素が発生し、腸粘膜を傷つけます。

相対的に腸免疫に関係するリンパ球が減少して、腸菅免疫力を抑制してさまざまな病気の原因となるといわれます。


オナラは腸内の健康状態を映し出す鏡なのですから、オナラの臭いの変化には注意したほうがいいようです。

腸内環境を整えて、おならの臭いを抑えるには、乳酸菌と食物繊維、消臭食物(にんじんの葉、マッシュルーム、藍藻類のクロレラなど)を積極的に取り入れ、健康的な生活習慣を心がけましょう。

posted by おなら博士 at 22:04 | おならの臭い
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。