スポンサードリンク



TOP> くさいおなら(病気以外) >おならがくさいわけ

おならがくさいわけ

おならがくさいのにはワケがあるのです!

健康な人のおならは臭くないと言うと、ウソのように聞こえるかも知れませんが、本当のことです。

健康な人のお腹のなかでは、悪玉菌などが繁殖していないので、おならの臭いの元になるガスが作られないので臭くないのです。

そして善玉菌が多くて、大腸の前のほうで炭水化物を分解してガス(二酸化炭素や水蒸気)を出すので、臭いもなく、害が無いどころか、腸管を刺激して腸の働きを高めてくれるということです。

ちなみに健康体の代名詞である、生まれたばかりの赤ちゃんではくさくありません。

理由は、腸内がたくさんの善玉菌で満たされていて、いわゆる発酵型と呼ばれる臭くないおならが出るからだそうです。

赤ちゃんも成長すると、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが変わって、おならの臭いも変化していくそうです。

posted by おなら博士 at 22:00 | くさいおなら(病気以外)
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。