スポンサードリンク



TOP> おならについて

おならを知る

おならって何かご存知でしょうか?


おならをすること自体は、実は何も問題はないのです、というよりおならが出ないほうが、どちらかと言えば深刻な問題となります。


食事をしたり、飲み物を飲んだり、息をしたりと、普段何気ない日常の動作ですが、この時に口から空気を飲み込んでいます。

この飲み込んだ空気が、おならの主要成分です。


他には食べたものが発酵してできるガス(これは当たり前の現象です)がその他のおならの成分になっています。

比率で言うと、7対3くらいで圧倒的に飲み込む空気が多いです。


医学的には、おならとは腸内ガスなどが肛門から排出される現象で「放屁」と言うそうです。

成人では一日のおならの量が約400ミリリットル〜1200ミリリットルと言われます。

おならの成分は様々で窒素、酸素、二酸化炭素、メタン、アンモニア、硫化水素などが含まれています。
posted by おなら博士 at 23:04 | おならについて

おならの主成分とは

おならにはいろいろな臭いがあります。

くさいおならにも、腐った卵のようなにおいだったり、便のような臭いを放っていたりと様々です。

しかし、おならの成分を調べると、とんでもない真実に突き当たります。


おならの成分って、くさいモノの塊のように思っている方も少なくないのではないでしょうか?

鼻から吸うと臭いの分子が鼻の粘膜にくっつくような気がしますね?

まぁ、それは事実なのですが、実はおならの主成分は空気です。


おならの正体は食べ物を分解して発生したガスと(食事のときに)飲み込んだ空気です。

しかも割合は3対7で圧倒的に食事のときに飲み込んだ空気が多いのです。

食べ物が腸の中を通過するときに色々なガスが発生します。

血液中からも腸内にガスが出てきます。

これらのガスや空気は腸管から吸収されますが、吸収の限界を超えて発生すると吸収しきれません。

腸で吸収されなかった分がおならとなるという訳です。
posted by おなら博士 at 22:24 | おならについて

おならが異常に多いような…

おならの量が多いから・・・、と言って悩むのはちょっと待ちましょう!


平均的なおならの量は、大人では、通常一日合計0.5〜1.5リットルのおなら(屁)を5回から20回に分けて放っています。

1回の量でいえば、数ミリリットルから150ミリリットルほどです。

ですから1日では約1〜1.5リットル、多い時は3リットルという量がおならとして体外へ排出されています。


あなたのおならは、これよりはるかに多いのでしょうか?


そうでなければ、あまり悩む必要はありませんね。

おならが人より回数や量が多いのでは?と感じていたのは、実は普通の量や回数だったのです!



あまり悩むと、ストレスがたまって他の病気にかかります。

過敏性腸症候群といってストレスでおならが頻繁によく出るようになったりするのです。
posted by おなら博士 at 22:46 | おならについて

犬や猫の動物もおならをするの?

おならは人間だけではありません。


犬や猫、ほかの動物たちも同様におならをしています。


普通に考えると当然なのですが、身体に入った空気はどこからか抜かなくてはいけません。

空気を抜く手段がおならとなっているのです。


お尻から、おならが出るのですが、その過程でいろいろな化学処理が身体の中で行われるので、くさい臭いを発したりするのです。


一般的に与える餌(食事)が消化不良で吸収されず大腸まで送られたもの(主に糖分、たんぱく質)が、大腸で分解されると硫化水素などのガスが発生しますが、このガスは微量でも強烈なにおいがするそうです。

また、与えるフードなどの食事内容が変わっても、おならの量などは変化するようです。

最近急に犬のおならがくさくなったなどの変化がある場合、まずそちらをチェックしてみましょう。
タグ: おなら
posted by おなら博士 at 19:13 | おならについて

おならはなぜ出るのか

おならが出る理由(原因)が分かると対策がとれそうな気がしませんか?


では、体内でおなら(ガス)が発生するメカニズムについてお話します。

食べた物は口から入って、食道、胃、十ニ指腸、小腸、大腸、肛門の順で進み、便となって対外へ放出されます。

さて、おならはどの過程でできるのでしょうか?

実は、消化という過程においては、ガスはほとんど発生しないのです。


では、おならは一体どこで発生しているのでしょうか?


大半は、食事の時に食べ物と一緒に飲みこんだ空気です。

しかも、おならの90%を飲み込んだ空気が占めています。


意外に体内でおならのガスは生まれていないんですね?

そして、残り10%は腸内での食物の発酵や腐敗によって発生するガスで、おならの悪臭の元となっています。


つまり、おならとは、

 @食事の際に、一緒に飲みこんだ空気
 A消化活動中に発生する無臭性のガス
 B腸内の悪玉菌が生み出す悪臭性のガス
 C腸内の分泌物が気化したもの

のことだと言うことができます。
posted by おなら博士 at 17:52 | おならについて

口からおならが!?

口からおならが!!!

「口からおならが出るなんて聞いたことないよ」なんて言われそうですが、あなたも「おならが口から出るわけない!」と思っていませんか?

おなら・・・、ではないかもしれませんが、"げっぷ"はおならに近い成分構成では???

実は、おならの主成分は口などから飲み込まれる空気(窒素など)がほとんど(70%〜80%)です。
げっぷは、おならの素ともいえるのではありませんか?

と、冗談はさておき、げっぷはおならとは言えません。

しかし、おならを我慢すると、大腸の粘膜から毛細血管に吸収されて肺まで運ばれて、口や鼻から排出されるというのです!(一部は尿の成分になります)。


では、口臭として臭うのでは?と思われた方はスルドイ!

確かに口臭かおならか判断できないですね?

口からおならが出ているという証拠ですが、おならにしか含まれることのない水素が口から出ている場合は、それは「元おなら」ということになります。

ただし硫化水素などは口臭の成分でもあるので、見分けるためには、やはり水素の有無がポイントです。
タグ:原因 おなら
posted by おなら博士 at 21:47 | おならについて

おならを我慢するとどうなる?

おならは出したいときにする!

こんなことが出来れば苦労はしませんね?

どうしてもおならが出来ない状況にあると、普通は我慢します。
おならを我慢していると、いつのまにやらおならはどこかへ行ってしまい、逆戻り?している様子。

音は聞こえないけど、こっそり肛門から出ちゃった!?
なんて考えがちですが実は、おならのガス成分が腸壁を通って腸に吸収されてしまっているのです。

ガスは腸の血管を通って、あとで尿に混じって出て行きます。



おならの成分は主に炭酸ガスと水素ガス、それに硫化水素などの有毒ガスが少しで、これがくさい臭いの元です。

植物性の食べ物は、ほとんど炭酸ガスになるので、くさくないおならになりますが、我慢しているのは気持ちがスッキリしません。

どこかのオジサンみたいに歩きながらおならをするのは周りの迷惑になるので、出来るだけトイレなどでした方がいいです。

おならは男女とも一日で少ない人でも平均コップ一杯ぐらいは出るようです。
タグ:ガス おなら
posted by おなら博士 at 22:22 | おならについて

おならと腸内細菌

腸内細菌とはなんだかわかりますか?

人間の腸は、大腸と小腸に分けられます。
小腸は、口から胃を通って送られてきた食べ物を消化吸収する働きがあり、大腸は消化吸収された後の不要物を便として排泄します。

大腸には、約300種類、約100兆個もの細菌が住みついていて、これらを総称して腸内細菌と呼びます。

腸内細菌には悪玉菌と善玉菌が存在します。

大腸菌、ウエルシュ菌などと呼ばれる悪玉菌と、乳酸菌の一種や、ビフィズス菌など善玉菌と呼ばれる菌とがあります。


悪玉菌は、腸内をアルカリ性に傾け、腸内を腐敗させたり、発がん物質や毒素など有害な物質を作り出したり、身体の抵抗力を弱めたり、下痢や便秘、肝臓障害、生活習慣病などを招いたり、肌が荒れたり、老化を促進したりします。

おならの臭いもくさくなってしまいます。

いいことありません。

一方、善玉菌は、消化・吸収機能を高める、腸のぜん動運動を活性化させて排便を促す、食中毒などに感染するのを防ぐ、免疫力を活性化させてさまざまな病気になるのを防ぐ、という働きがあります。

また、コレステロールや中性脂肪の代謝を促進したり、ビタミンやホルモンを生産したりする働きなどもあり、体の健康を維持するのに重要な役割を果たしています。

善玉菌は腸内を酸性にして悪玉菌の発育を抑える働きがあるので、腸内細菌のバランスが善玉菌が優位であると、健康状態を良好に保っていけるのです。
posted by おなら博士 at 00:04 | おならについて

おならの成分

おならの成分は、

 窒素23〜80%
 水素0.06〜47%
 炭酸ガス5.1〜29%
 酸素0.1〜2.3%
 メタン0〜29%
 その他
  アンモニア、メルカプタン、硫化水素、インドール、スカトール、等

成分は400種類以上(500種類以上とも言われています)で、個人差は大きいです。

個人差の理由はいくつかあり、まずは、

食べた物の影響。

食事の習慣。

腸内細菌叢(腸の中にいる、いろいろな細菌の集まりの状態)の違い。


腸内細菌叢の状態は、遺伝子で決まると言われています。
従って仲の良い夫婦でも、全く同じ食事習慣、同じ食事を、同じ量だけ食べていても、出るおならの臭いや組成、成分は違ってくるのです。

おならは、腸内細菌の悪玉菌が優勢になると、有害物質を作り出し悪臭となってしまいます。

悪玉菌は腸内に滞留する食物などに作用して、アンモニアや硫化水素、インドール、スカトールといった臭気ガスを発生させます。

これが臭いの原因になっています。

悪臭がひどいようなら、大腸がんなどの原因になるといわれる悪玉菌が増殖していると疑いましょう。
タグ:ガス おなら
posted by おなら博士 at 23:53 | おならについて

すかしっぺ(屁)は臭くない?

おならでも昔から「すかしっぺ(屁)」はくさいなんて言われてきましたね?

私のおならは豪快な音を立てますが、くさいときもあるし、臭いがないときもあります。
逆に、すかしっぺ(屁)なおならをしても、くさくい時もあるし、臭いがないときもあります。


おならの音と臭いに因果関係はあるのでしょうか?

以下のこんな資料を見つけました。



音を立てて屁をすると臭いが軽減されるという俗説があるが、定かではない。
ただ、マナー上の観点から音の出ない屁(いわゆるすかしっ屁)をする者の方が多いのは確かである。
音のした場合は臭いがすることが予め予測できるが、すかしっ屁の場合何の前兆もなく突然臭いがするため、余計に臭く感じるためだとも言われる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



やはり、おならの音と臭いには因果関係はなさそうですね。

私はおならの量は人より多くて長年悩んでいたひとりです。

音の出るおならのほうが多いのですが、すかしっぺ(屁)をしても臭くないので、「無音のおならのほうが臭い」という俗説には疑問でしたが、とりあえずこれで解決ということにしておきます。
posted by おなら博士 at 11:15 | おならについて

おならの音

おならとなる腸内にあるガスは通常、肛門括約筋によって外に漏れないようになっています。

しかし、おなら(ガス)の量が多くなると肛門括約筋はおなら(ガス)の圧力に押されて時々瞬間的に緩み、おなら(ガス)を勢いよく吹き出してしまうことがあります。

これが、おならの音の原因です。




「おなら」は「お鳴らし」が略されてできた女房言葉で、「屁」よりも上品(あるいは婉曲)な言い方であるとされている。屁をすること

を「屁をこく」「屁をひる」「放屁」と言う。
現代では用いられないが、昔は転失気という医学用語が用いられた。尚、転失気には異説がある。
ためらいなくおならをできる間柄になれば愛が恋や友情が愛になったと考えられる説もある。

マナーとしては、やむを得ない場合はまだしも、面白半分で人前で屁をする者がいるが、本来は公共の場において放屁することはあまり良くないとされる。

誰もいない場所ですることは問題ないと考えられるが、車の中やバス、満員電車など人が密集する可能性の場所で屁をすることは、多くの人に不快感を与える恐れが強い。
「屁=汚い・臭い」など良いイメージを持たない者が日本では大多数であるからである。
しかし生理作用なので、我慢しすぎるのも、頭痛などを招き体に良くない。
誰もいない場所やトイレで音を立てないようにするのが一般のマナーとされている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


タグ:ガス おなら
posted by おなら博士 at 11:09 | おならについて

おならの内容(成分)

おならのうち、腸内のガスの9割は体外から口と鼻を通って入ってくるもので、残りの1割は体内の微生物により造られる

主成分を以下に示す。

・窒素(体外から取り込まれたもの)
・酸素(体外から取り込まれたもの)
・メタン(体内の嫌気呼吸微生物により生産)
  調べによると3人の内2人はメタンを一切含まない屁をする事がわかっている。
  おならのメタンは主に肛門の近くにいるバクテリアの仕業である。
・二酸化炭素(体内の好気呼吸微生物により生産、体外からも取り込まれる)
・水素(微生物により排出、消化される)

微量だが臭いの元となる成分

・酪酸:腐ったバターのにおい。
・硫化水素:腐った卵のにおいがある。タンパク質の分解によっても造られる。
・二酸化硫黄:タンパク質の分解によって造られる。
・二硫化炭素:タンパク質の分解によって造られる。
・アンモニア:尿素と関係がある。
・リン化水素:魚臭いにおいがする。リン酸塩や食物中のリンと関係がある。
・インドール
・スカトール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



なかなか聞きなれない言葉もありますね?
しかし、おならの9割が体外から口、鼻を通して入ってくるとは驚きでした。

口を普段から開き気味になっている人も口から無意識に空気を取り入れているかもしれません。

また、食事のときなど意識して余分な空気を食べないようにすると、おならの回数も減るようです。

posted by おなら博士 at 10:16 | おならについて

おならを我慢するのはよくない?

人目を気にしておならを我慢すると、腸内にガスがたまり、おなかが張って腹痛を引き起こします。

ガスが横行結腸にたまってしまうと、すい臓や胆のうを圧迫し、激しい痛みを引き起こすこともあります。

また、おならを我慢していると腸内で吸収されてしまい、血液を濁らせる原因になることもあるそうです。

腸内にガスがたまると便秘になりやすく、腸内の悪玉菌をさらに増やして有害ガスを発生させ、ますます腸内環境が悪くなる、という悪循環に陥ります。

この状態が続くと、悪玉菌が増殖して腸内に発がん性物質やその働きを強める物質が発生し、大腸がんを発病するリスクを高めてしまいます。

病院へ行って、医師に相談してもなかなか真剣に相談にのってくれないのが実状(他に緊急を要する患者さんをたくさんかかえていたりする)なので、年頃の女性などは相談するだけ無駄というふうになり、ますます切実な悩みになるようですね。


しかし、おならをしない人はいません。

健康的な成人では、一日のおならの量が最大1.5リットルということも珍しくないようです。

おならを我慢した結果、腹痛を起こして、やっと真剣に診てもらえるというのではバカバカしいのですが、もう少し病院側の対応も改善してほしいものですね。

posted by おなら博士 at 21:50 | おならについて

おならとは

おならとは、腸内にたまったガスが肛門から出ることによって起きる現象のことです、屁のことですね(笑)。

その大部分は食事をする時に食べ物や唾液と一緒に口の中に入ってしまった空気です。

他に、血液中に含まれるガスが腸の壁を通って腸内に入ったものもあります。

これらのガスは窒素や水素、メタンガス、酸素などが成分なのでほとんど臭いはありません。


平均的には大人は普通一日に合計0.5〜1.5リットルの量のおなら(屁)を5回から20回にわたって出しています。

結構たくさん出しているんですね?

「え?私はそんなに出てないよ!」

そんな方は、もしかしたら睡眠中におならをしているのかも・・・!?

ではなぜ、おならは出るのでしょうか?

小腸上部で消化吸収されなかった食物の残渣(カス)は、小腸の下部や大腸で腸内細菌の作用によって分解されるときに、ガス(腸内ガス)が発生します。

このガスのほとんどは、腸管から吸収されるのですが、吸収しきれないものが肛門から排出されるのです。

また、開腹手術を行った後は腸管蠕動運動が一時停止し、屁が出ないようになります。

よく、おならが恥ずかしいと言って、我慢する人を見ますが、我慢していると肛門から排出されずに腸に吸収されてしまい、血液をにごらせてしまいまうことがあるそうです。
posted by おなら博士 at 21:10 | おならについて

プライバシーポリシー


◆クッキーおよびWebビーコンについて


本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。

クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。

クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。

クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。
また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。



当サイトにおいては、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。


1.利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。

  このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。

2.本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。

3.掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。



◆クッキーの無効化と有効化


ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。

ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。
ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。



◆配信広告におけるクッキーと無効化


本サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。

このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、本サイトや他のウェブサイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。



posted by おなら博士 at 00:00 | おならについて
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。