スポンサードリンク



TOP> おならの原因

おならが多いわけは?

「おならが多い、ですぎる」でお悩みのかたはたくさんいらっしゃると思います。


悩みがなやみだけに、皆あまり人には相談できない(しない)ので本当はおならで困っている人は、あなたが思っているよりもはるかに多いのです。


おならが多い理由としては、腸内環境の悪化によるガスの大量発生であったり、呑気症と言って無意識に空気を呑み込んでしまう病気で、飲み込んだ大量の空気がオナラとなって肛門から排出されていたり、過敏性腸症候群(IBS)といって、ストレスから大腸や小腸の働きに影響が出る腸の病気だったりと原因は様々です。



原因は一つだけの場合よりも複数が絡みあっているときが多いようです。

精神的な原因が強いときは悪循環ができてしまい、おならの量が自然に少なくなることが望めないことも・・・。


あまりにひどい時はまず内科、薬を処方してもらい治まるときもあるようですが、精神的な原因の場合は精神科を受診しなければならない場合もあります。


ただ、おならがメチャクチャ臭いというのであれば深刻な問題なこともありますが、「ほとんど匂わない」とか、「あまり臭くない」程度のオナラの臭いであれば、健康被害も心配することもないのでは?


気楽に考えればいつのまにかおならも少なくなってるかも!?
posted by おなら博士 at 23:22 | おならの原因

おならが出て困る

中高年になってくると何故か、おならがよく出るようになってくる場合があります。

おならは、お腹の中に溜まったガスが、肛門(こうもん)から排出されるという生理現象ですが、ガスが増えると当然回数も増えますす。

ガスの正体は、大半が口から飲み込んだ空気で、他が食べ物などを消化分解する過程で生成されます。

しかし、この場合のガスが増える原因として考えられるものにストレスというものを忘れてはなりません。

中年以降になるとストレスが職場や家庭で増えます。

ストレスで緊張していると、自然と唾を飲み込む回数が増えるのです。

その際に空気も一緒に飲み込んで、ガスの量を増やしてしまいます。

実際あまり知識として広まっていませんが、ストレスはおならの回数を増やす原因です、解消しましょう。
posted by おなら博士 at 20:40 | おならの原因

おならの正体って実は…

おならの正体って何でしょう?


実はおならの中身、成分は何てことのないごくごく普通の・・・。


おならの成分は様々です、量で言うと成人の場合で、約0.5リットル〜1.2リットル程度と言われています。

そして意外ですが、おならの成分のほとんどが飲食時に一緒に飲み込んだ空気が占めます。


おならは窒素、酸素、二酸化炭素、メタン、アンモニア、硫化水素などと体内で飲食物が発酵して出来たメタンや水素、二酸化炭素が加わって実におならの9割以上を占めています。

残りの約1割はアンモニア、硫化水素、インドール、スカトール、揮発性アミンといった腸内で悪玉菌と呼ばれる腸内細菌が作り出す悪臭を放つガスという感じです。


これらのことからおならの正体とは

・飲食時に一緒に飲み込んでしまっている空気
・体内で消化分解中に発生している(無臭の)ガス
・悪玉菌が作り出す悪臭のガス

が主なもの、という風にまとめることができます。

おならの9割が口から飲み込んでいる空気だったとは意外でしたね?
posted by おなら博士 at 23:21 | おならの原因

おならの仕組み

おならが発生する仕組みをご存知だろうか?


なぜおならが出てくるのか不思議に思ったことなどありませんか?

おならは、小腸上部で消化吸収されなかった食べ物が小腸の下部や大腸で腸内細菌の作用によって消化分解される際に、ガス(腸内ガス)が発生することで、おならの元が生まれます。

そして、小腸には繊維分を分解する酵素がないので、繊維分は小腸で消化吸収されずに大腸へ送られて分解されます。

そのとき繊維分などが発酵してガスが発生します。


つまり、食べた食べ物やその量、又は体調によりガスの発生度合いなどはまちまちということです。

これらの発生したガスのほとんどは腸管から吸収されてしまうのですが、そこで吸収しきれないものが肛門から排出され、おならとなります。


しかしおなら全体から見るとガスの量は、さほど大きなウエイトを占めていないのです。

おならの大部分は実は、口から飲み込んだ空気が約7割も占めてしまいます。
posted by おなら博士 at 22:58 | おならの原因

おならを増やす原因

おならがよく出る日がありませんか?

逆におならがあまり出ない日があるのを気付いていますか?


おならを増やす食事や習慣は存在します。

さつまいもやごぼう等の食物繊維を多量に含む食べ物を食べるとおならが多くなります。

「やきいもを食べるとおならが出る」と昔から言われてきたように、食物繊維はおならの量を増やすのです。

食物繊維というのは、消化(分解)吸収されないものなので、腸内にたまります。

その分、発酵しやすいからです。

事実、さつまいもは同量のじゃがいもに比べて2〜10倍もおならを増やすそうです。


ちなみに、腸の働きが悪いときにも、おならの量は増えます。

腸の働きが悪いときには大便が腸内を通過する速度が遅くなり、食べ物のカスが腐敗や発酵を起こしやすくなるので、おならが多くなるという仕組みです。

つまりおならは、便秘のときには多くて下痢のときには少なくなるというのです。
posted by おなら博士 at 22:56 | おならの原因

おならと過敏性腸症候群

おならが多くて困る人には過敏性腸症候群にかかっている可能性があります。

過敏性腸症候群には大きく3タイプありますが、おならが多い過敏性腸症候群の症状としては、

・便秘が続いている
・市販の便秘薬の効き目が薄い
・便通があっても、うさぎの糞のような感じ
・お腹にガスが溜まりがち
おならの回数が多いことが気になっている

といった感じで、過敏性腸症候群の便秘型と呼ばれるものです。


原因の大きなウエイトを占めているのがストレスなので、ストレスを緩和できれば相当症状は緩和されるようです。

ただ、ストレスは何に対して感じるかに個人差がありますので、解消法にも個人差が大きく一概に解消法を述べることが出来ません。


ちなみに、一般的にハープティーは、ストレスを緩和する効果があると言われています。

試してみるのも良いかもしれませんね(^^♪
posted by おなら博士 at 21:53 | おならの原因

おならや下痢の原因は、実は…

おならが多くて困る」とか、「しょっちゅう下痢になってしまって常に不安の毎日だ」、という声聞きます。

下痢、おならの悩みや苦しみの原因は、大腸性過敏症候群と呼ばれる自律神経の狂いが原因といわれています。

これは心療内科と呼ばれる診療科目のある病院で治療すると完治することができるようです。

しかし、人に知れるのがイヤでなかなか病院に足を運ぶのが出来ない人が多いとか。

大腸性過敏症候群は、ストレスや過労、睡眠不足、風邪や体の冷え、不規則な食事などが原因としてあげられるので普段の生活で注意してみてはいかがでしょう?

少しでもおならなどが減るといいですね?


ただ、必要以上に神経過敏になると逆効果なので注意です。

しかし、完治には先ほど述べたように医師の診断と治療が必要ですよ。
posted by おなら博士 at 21:34 | おならの原因

生活習慣以外のおならの原因

おならは、食生活が肉類中心だと、くさくなったり、なんらかの原因で空気を飲む量が増えると、おならの回数が増えたりするのです。

他には、胃腸の働きが弱かったり、消化液の分泌不足や過多で体内で発生するガスの量が増加し、おならが増える場合もあります。


しかし、医療機関で検査してもらっても異常が無い場合には他の原因であるときがあります。

実はおならは、ストレスで増加する場合が多いのです。


ストレスがあると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、腸管の蠕動が阻害されたり、腸内ガスの排泄が阻害されたりして、おならが増えてしまうことになります。


普通、おならが増える原因で最も多いのが、このストレスによるものです。


同様に、鬱状態になっているときも、胃腸機能が衰えてしまうのでおなら(ガス)が増えます。

おならは、生理現象ですから、我慢しないで出すことが大切です。


ある程度の回数は健康な証拠です。

しかし異常な回数の場合は重大な原因の場合もあるので注意が必要かもしれません。
posted by おなら博士 at 19:51 | おならの原因

食事でおならが増える

おならに悩む人には必見の情報です。

自分は人よりおならが多いのではないか?と悩んでいませんか?

胃の構造的に空気を胃の中に飲み込みやすいということもあるのですが、実は自然に胃の中に空気を飲み込みやすいのは、食事のときです。


どんな食事が空気をたくさん飲み込んでしまうのでしょうか?


それは、大きな口を開けて食べる人です。

歯が抜けている人も同じです。

また、よく噛まずに食べる人は、食べ物が唾液と良く混ざり合わないので、唾液の中の空気が抜けないまま胃の中に入ってしまいます。


入った空気をげっぷで全て排出できればいいのでしょうが、そうもいきませんね?

すると、おならも増えます。

さらに炭酸飲料を多く飲む人は、当然空気をたくさん飲むのと同じなので、おならが増える原因になっています。
posted by おなら博士 at 19:44 | おならの原因

おならが多いのは生活習慣?

おならが多くなる原因は、体内で発生するガスが増加することにも関与します。


第一の原因は、腸内で食べ物が細菌によって消化分解される時に発生するガスがなんらかの原因で増加することです。

ガスが多く発生する原因には、食べ物の種類にもよるところが大きい場合があります。


しかし、胃腸の働きが悪かったり、消化液の分泌の不足や過剰で、食べ物が腸内に長く停滞したり、吸収が阻害されたりすると起こりやすくなります


あまりに人よりおならが多く悩んでいる方は、まず内科で上記のような異常がないか診断してもらうのも手です。

また、甲状腺の機能低下の時も大腸の動きが低下してガスが増えます。

おならが多い人では「空気嚥下症」または「呑気症」という診断をされる場合もあるようです。

いずれも、空気を無意識のうちに飲み込んでしまう症状で、飲み込んだ空気は結局おならになってしまいます。
posted by おなら博士 at 22:28 | おならの原因

おならがくさい理由

おならの主な原因は口や鼻から飲み込んだ空気です。

次に血液中などに含まれているガス成分が腸壁を通って出てくるもの。

最後に食べ物などが消化分解される時に生まれるガスということです。


おならがくさい理由はなんでしょうか?

実はおならのくさい臭いの原因の大半を占めるのは食べ物を消化分解する際のガスです。

そして、あのおなら特有のくさい臭いは、たんぱく質を分解するときに生まれるガスなのです。


たんぱく質はどんな食べ物に多く含まれるのでしょうか?

たんぱく質は主に肉類などに多く含まれます。

おならの臭いは実は健康な人では、さほど臭わないのです。


なぜ、健康な人のおならは臭わないかというと、腸内環境のせいでしょう。

健康な人の腸には善玉菌と呼ばれる細菌が多いからです。

腸内環境が悪化するということは、悪玉菌と呼ばれる細菌が善玉菌より増えることをいいますが、たんぱく質と悪玉菌の組み合わせは、くさいガスをより多く発生させてしまうので、くさいおならとなるのです。

腸内環境を整えるのもおならの臭いを解消するひとつの方法です。
posted by おなら博士 at 15:31 | おならの原因

おならの原因は過敏性腸症候群?

おならと密接な関係があるのではないかとされる過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、Irritable Bowel Syndrome:通称 IBS)とは、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称のことを言います。

検査を行っても異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こるもので、医学非専門家では、その呼称から炎症性腸疾患(IBD)や潰瘍性大腸炎との混同(存在しない病名である「過敏性大腸炎」との表現など)が見られる。

症状は主に便通の異常として現れるが、症状の出方によって、不安定型、慢性下痢型、分泌型、ガス型の4つに分けられています。


ここで、おならが問題となるのは「ガス型」で、原因は過剰なストレスによって、おなかにガス(おなら)がたまるという症状になります。


治療にはメンタルヘルスとして、ストレスの原因を取り除くことが先決。

ストレスは慢性化しやすく、取り除くことは厄介だが、焦らずに専門家(カウンセラー)の指導にのった治療が近道ということだ。


また、おならの原因は一概に過敏性腸症候群だけとは限らないので、おならの悩みを解消するには様々な方法を実践したほうが良いでしょう。
posted by おなら博士 at 12:36 | おならの原因

おならがよく出るのは異常?

おならが異常に多く、よく出るのですが、病気でしょうか?」という質問はよく耳にしますね?

一般におならが異常に多かったり、特別臭かったりする場合は、ストレスが原因になっている場合がほとんどです。

精神的に緊張すると腸管の蠕動がわるくなり胃腸運動が低下して食物や腸内ガスを長時間腸内に停滞させ、より発酵が促進したり、多くのガスが生産されてしまいます。


もうひとつは、腸管吸収能力が低下した場合です。

腸内ガスは、全部がおならとして排泄されているのではなく、一部は腸管から吸収されて肺から呼気として排泄されます。

このとき腸管の吸収機能が低下するとおなかが張ったり、おならが多くなったりするのです。

おならが異常に多くて、よく出るからといって、すぐさま命にかかわる病気とは言えないのですが、放っておくのも良ありません。

あまりに気になる場合は、内科などで腸管機能の検査を受けるのもいいでしょう。
posted by おなら博士 at 21:39 | おならの原因

おならの回数

おならの回数が多い人って、それが結構悩みの種になっていますね?

おならの回数って何で決まると思いますか?

大体、なんでおならが出るのか知らないです・・・^_^;



実はおならの内容物(こう書くと結構汚いイメージが・・・)の主なものは、飲み込んだ空気なんです。

「空気なんて飲み込んでないよ!」って言っても、色々なシチュエーションで飲み込んでいます。

食事のときに食べ物と一緒に飲み込んでいます。

おやつの時にも食べたものと一緒に飲み込んでいます。

炭酸飲料などは空気と一緒に飲んでいるといってもいいくらい空気を飲み込んでいます。

そして、なんと!

おしゃべりしているときにも知らず知らずのうちに空気を飲み込んでいます!

これらは、全部おならの原因になっていくのです!

どうですか?

当てはまったでしょう?

というよりも、おならというのは、ごく自然な現象なので出ない人はいませんから、あまり神経質にならないように・・・。

そのストレスもおならの原因になりますよ。
posted by おなら博士 at 22:54 | おならの原因

メタンガスは人による?

おならの中(成分)には、メタンガスが含まれることがあります。


おならの中に含まれるメタンガスは、体内の嫌気呼吸微生物によって生産(生成)されています。

おならのメタンガス自体は無味無臭らしいので、おならが臭くなる原因という話ではないのです。


ただ、調べによると3人の内2人はメタンガスを一切含まないおならをする事がわかっているそうです。

おならのメタンガスが生成されるのは、主に肛門の近くにいるバクテリアの仕業だそうでうね。




一方、臭いの原因になるガスは以下のとおりですが、これらはごく少量にもかかわらず、強烈な臭いの元になるのです。

酪酸:腐ったバターのにおい。
硫化水素:腐った卵のにおいがある。肉など、タンパク質の分解によっても造られる。
二酸化硫黄:タンパク質の分解によって造られる。
二硫化炭素:タンパク質の分解によって造られる。
アンモニア:尿素と関係がある。
リン化水素:魚臭いにおいがする。リン酸塩や食物中のリンと関係がある。

他に、インドールと、スカトールも強烈なにおいの元です。
posted by おなら博士 at 13:01 | おならの原因

おならがよく出る人は・・・

おならがよく出る人は、何が原因になっているか知っていますか?

おならの正体は腸内のガスで、発生原因は主に3通りに分けることが出来ます。

まずは、食事やだ液を飲み込んだときに一緒に口から入ってしまう空気が原因になっている場合で、大腸に達した空気の成分は主に窒素なので、臭いはないはずです。

これが腸内ガスの約70%を占めます。


次に食事(芋や豆類など)の成分が発酵して生じるガスです。

主に炭酸ガスやメタンから成り、あまり強く匂いません。

一方、小腸で十分消化されなかったタンパク質(主に肉類など)が腐敗して発生したガスの場合はインドール、スカトール、アンモニア、硫化水素などが主成分で、悪臭がします。


最後に血液中から腸壁を通って出てきたガスです。
腸内ガスの約20%ほどを占めます。


では、どのような時におならが増えるのでしょうか?

神経質な方。

ストレスの多い方。

空気を飲み込む呑気症や空気嚥下(えんげ)症の方。

他にはお腹を圧迫する器具(コルセットやガードル)を着用している。

抗生物質や特定の薬剤を服用している。

などが挙げられます。

ガスになりやすい芋や豆類を制限したり、悪臭の場合はたんぱく質(肉類など)を制限したり、整腸剤や精神安定剤やガスを抜く薬などを使用します。
posted by おなら博士 at 23:27 | おならの原因

おならが多くなる原因

おならは人前ではしたくないのに、どうしてもしたくなることありませんか?

そういうときに限って、おならをしてはいけない場所や状況だったりします。

人によっては、「私は人よりおならが多いかも・・・」と悩んでいる場合も。

おならを全くなくすことは不可能としても、おならを少なくすることは出来るのでしょうか?


おならが多くなる原因としては、何らかの病気があったり、健康であっても精神的なストレスが多いとか、睡眠不足、過労傾向などになっている場合は、胃腸の働きが低下します。


胃腸の働きが低下すると、たとえ病気ではなくてもガスが腸内に溜まりやすくなって、おならの量が増えることになるのです。

おならの量が多くなる病気の例は、慢性胃炎、腸炎、食中毒、直腸の潰瘍など、胃腸の病気。

他に、すい臓や肝臓、胆のうの疾患、尿路結石などです。

便秘をしている場合も、腸内にガスがたまりやすくなります。

また、牛乳を消化する働きが弱い牛乳不耐症の人が牛乳や乳糖を摂取すると、小腸で消化しきれなかった乳糖が腸内の悪玉菌によって分解され、ガスがたまってしまいます。

また、悪玉菌は中高年になると増えるため、加齢とともにおならの量が増え、臭くなる傾向にあります。
posted by おなら博士 at 09:20 | おならの原因

おならの臭いと原因

おならは、ちょっと気が緩んで、ついしてしまったときの恥ずかしさ、気まずいですね。

気が緩むと同時に肛門も緩んでしまい、おならが出るのですね(笑)。

おならは、食べたものを分解消化する過程ででるガスなので、食べたものによって出るガスの成分が違うので臭いが変わってくるようです。

参考までに以下をどうぞ。


小腸には、繊維分を分解する酵素がないため、繊維分は小腸で消化吸収されず、大腸へ送られて分解される。
その際に発酵してガスが発生する。したがって、食べた物や量、又は体調によりガスの発生が異なってくる。

イモ類など繊維分の多い食物
繊維質の多い食物を多く食べると、それだけガスの量も多くなる。
その際、水素ガス、エタンガスが多量に発生するが、匂いは強くない。

ねぎ類、にんにく、にらなど硫黄分が多い食物
これらの食物を多く食べると、大腸で分解されるときに腐敗し、インドール、スカトールなどのガスが大量に発生し、においの強いガスが発生する。

病気によるガス
胃、腸、肝臓、胆道、すい臓の病気や菌交代症の際には、蛋白質の腐敗による、不快なにおいのガスが発生することがある。

その他
炭酸飲料(ビール等)を摂取する人の方が、摂取しない人よりも、ガスの量が多いという俗説がある。
まれに1日に50回以上する人もいるが、そういった場合はあまり臭くないという俗説もある。
口臭が腸内ガスと同じ臭いを発することがある。
これは便秘している腸から腸内ガスが吸収され血管内を運ばれ、肺から放出され口腔に至る為である。


屁には水素やメタン、硫化水素などが含まれるため、ライターなどを近づけると、燃えることがある。
これは体質、食したものなどによる成分によって、よく燃える場合と燃えない場合がある。
燃えた場合にはガスの中にある水分が出るためにその場が水に濡れることが多い。
ただし、二酸化硫黄が発生することがあり、また、火炎放射を起こすので密閉空間や燃えやすい物の近くでこの実験を行ってはいけない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

posted by おなら博士 at 10:30 | おならの原因

おならの原因

おならがよく出るのはなぜでしょうか?

平均大人は普通一日に合計0.5〜1.5リットルの量のおならを5回から20回にわたって放出するといわれていますが、成人の腸にたまる1日あたりのガスの量は、100ml〜2,500mlといわれ、個人差が大きいようです。


ガスが多くなるというのは、慢性胃炎、腸炎、食中毒、直腸の潰瘍など、胃腸に何らかの病気がある場合が考えられます。
他にはすい臓や肝臓、胆のうの病気、尿路結石などの内臓疾患の場合もガスが多くなります。

便秘をしている場合も、腸内にガスが溜まりやすくなります。

また、牛乳を消化する働きが弱い牛乳不耐症の人が牛乳や乳糖を摂取すると、小腸で消化しきれなかった乳糖が腸内の悪玉菌によって分解され、ガスが溜まってしまいます。

このような内臓疾患を持たないのに、おならの量が多い場合は、ストレスが原因であることが考えられます。

精神的なストレスが多い場合や、睡眠不足や過労気味の場合、胃腸の働きが低下してガスが腸にたまりやすくなるのです。

悪玉菌は中高年になると増えるため、加齢とともにおならの量が増え、臭くなる傾向にあります。

おならが臭い、おならが多いなどで悩んでいる方は少なくないと思います。

なかなか人に相談することも出来ないし、病院へ行くほどでもないし・・・というふうに悩んでいる方は、おならの原因と対策の知識を得て改善努力をしてみましょう。
posted by おなら博士 at 21:30 | おならの原因
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。