スポンサードリンク



TOP> くさいおなら(病気以外)

おならがくさいわけ

おならがくさいのにはワケがあるのです!

健康な人のおならは臭くないと言うと、ウソのように聞こえるかも知れませんが、本当のことです。

健康な人のお腹のなかでは、悪玉菌などが繁殖していないので、おならの臭いの元になるガスが作られないので臭くないのです。

そして善玉菌が多くて、大腸の前のほうで炭水化物を分解してガス(二酸化炭素や水蒸気)を出すので、臭いもなく、害が無いどころか、腸管を刺激して腸の働きを高めてくれるということです。

ちなみに健康体の代名詞である、生まれたばかりの赤ちゃんではくさくありません。

理由は、腸内がたくさんの善玉菌で満たされていて、いわゆる発酵型と呼ばれる臭くないおならが出るからだそうです。

赤ちゃんも成長すると、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが変わって、おならの臭いも変化していくそうです。

posted by おなら博士 at 22:00 | くさいおなら(病気以外)

おならがよく出るので我慢していたら…

おならがよく出るので、我慢しています。

という人は要注意です。


おならをすること自体は何の問題もありません。

おならは生理現象なので、おならをすることはごく自然なことなのですから。

そしておならの音ですが、勢いのある、ブブ〜ッ!という音は直腸や肛門にガスを押し出す力があって出るので、これは健康な証拠とも言え、さらに消化器系がよく働いている証拠にもなります。


とはいえ、おならを人前ですることはあまり好まれることではありませんね?

おならがよく出る人にとっては、物凄く苦痛ともなります。

だからといって、おならを我慢してしまうと、とんでもないことになってしまいます。

おならは身体には必要のないものを排出しようとする生理現象ですが、我慢して体内に留めると逆に体内に再吸収されてしまいます。

すると、余計な負担が肝臓などにかかるのです。

たかが、おならとは言えませんね?
posted by おなら博士 at 20:26 | くさいおなら(病気以外)

便秘中っておならが頻繁に出るの?

便秘中のおならはとてもくさいです。


便秘中のおならというのは、通常のときとは違って、食べ物のカスが腸内に留まっている時間が長くなるので、腸内で普通より腐敗発酵してくさくなります。

便秘をしていると、悪玉菌と呼ばれるウェルシュ菌という腸内細菌が増えて、腐敗発酵するために、普段よりガスの発生が増えてしまいます。

運動をして食事と生活習慣を改善して便秘を解消すれば、腸内の悪玉菌の増殖も抑えられて、ガスの発生も抑えられるということです。

まずは、便秘の解消に努めましょう、便秘が解消できれば、自然とおならも落ち着くようですから。


ちなみに肉類などは、おならの臭いが強くなる傾向にある食べ物ですが、同時に体臭をもキツくするみたいです。

自分の臭いだと気付かないかもしれませんが、肉好きな人の体臭は少し気になるときがあったりしますね。
posted by おなら博士 at 14:34 | くさいおなら(病気以外)

口からおならの臭いがするのは何?

おなら?口臭?・・・口臭にしてはちょっとくさくない?

そうです、おなら臭に似たような臭いが口から出ることあります。


もしかして、おならが逆流して口まできたのかも?って思うほどですね?

しかし、腸内で発生したガス(おなら)は十二指腸でガッチリとガードされ、胃から外に出ることはまずあり得ないのです。

また、胃の中は強い酸性なので食べ物を消化分解する細菌が棲みつくことはできませんから、胃で食べ物が分解されたり発酵されてガスを出すこともありません。

ですから、おならが口から出て、口臭になることはありません。

しかし、摂取した食べ物の炭水化物、脂肪、タンパク質が、腐敗発酵して発生する、二酸化酸素、メタン、硫化水素、アンモニア等のおなら臭になるガス成分が、口から出てくることがあります。

もしかしたら、これがあなたの感じている「口からおなら」の正体かもしれませんね?
posted by おなら博士 at 19:57 | くさいおなら(病気以外)

おなら体操のやり方

おなら体操で、おならを出してしまう習慣をつけていくと、自然と便秘からも開放されて、ダイエットにも繋がり一石二鳥。


そんな素晴らしい、おなら体操のやり方です。

まずは準備運動として、朝、目が覚めたら、仰向けになって目を閉じて、耳と両手の甲を、親指と人さし指と中指で揉むように撫でるようにしながら1〜2分マッサージします。

この時は、手をへその上に置いておきましょう。



次は、うつ伏せになって、膝の下に枕や座布団を敷き、膝下を曲げてください。

そして、両足のかかとでお尻を軽くたたくように、足をバタバタさせます。


このおなら(ガス抜き)体操を5分程続けるとお腹がゴロゴロ音を立て始めて、おならをしたくなってくるはずです。

ここで、おならが出れば、便も出したくなってくると思います。


最初は、思うようにおならが出にくいし、便意も起こらないという人は、腸の機能が随分弱っていると思われます。

そんな人は、おなら体操を毎朝続けると共に、就寝前にもおなら(ガス抜き)体操を行ってみてください。


そうしているうちに、おならも出れば、便秘も解消されると思います。
posted by おなら博士 at 23:31 | くさいおなら(病気以外)

おならと病気の関係は?

医学的にも、おならというのはとても重要な生理現象であると言えます。

なぜなら、おならの状態を見ることで、消化器の状態の指標にすることが出来るからです。

最近では、おならを分析して様々な病気の診断に役立てようとする研究が進んでいるほどです。


おならの量でいうと、平均的な大人(成人)のおならでは、個人差もありますが通常1〜2リットルのおならを出すと言われています。
回数では、一日平均5〜20回と報告されています。

ここで、あなたのおならが一日30回以上出ているというのであれば、回数は人より多いと言うことになるのですが、腸だけを見ればとても健康な状態にあると言えるのです。


ただ、おならの主成分は飲み込んだ空気なので、余計に空気を飲んでいる(炭酸飲料を飲むのも空気を多くのむ原因になりますし、早食いなども余計な空気を飲む原因です)のであれば、当然おならの量は増えます。
posted by おなら博士 at 22:30 | くさいおなら(病気以外)

緊張するとおならが出ませんか?

おならって、緊張すると余計に出てしまうような気がしませんか?

実は緊張したときにおならが多くなるのは、気のせいではありません。


おならは、平常時よりも確実に緊張していると回数が多くなります。


その原因は、緊張すると「つばを飲み込む回数が増えていくから」ということからです。


つばを飲み込む量が増えるということは、飲み込む空気の量が増えるということです。

おならの主成分は、飲み込んだ空気が占めているという事実から、飲み込む空気の量が増えると必然的におならの量も増えてしまうのです。


おならの量は精神状態によっても左右されるということです。


おならを気にして緊張し過ぎると余計におならが出るので、緊張はホドホドにしておきましょう。

といっても、難しい話かな?
posted by おなら博士 at 22:15 | くさいおなら(病気以外)

おならの我慢は腹痛の元

おならを我慢していると腹痛を引き起こすことがあります。

そもそもおならを我慢すること自体よくありません。


おならとは身体が必要のないものと判断し、体外へ排出しようとしているものです。

それを、恥ずかしいからとか、面子が悪いからなどといって我慢してしまうことは健康面で見ると百害あって一利なしとも言えます。

ん?どこかで聞いたような・・・、そうタバコと同じでした。

タバコも世の中禁煙ブームとなって、タバコを吸わない人にとっては、正に待ちわびた状況となっています。


話は逸れてしまいましたが、おならを我慢すると、まず腸内のガスは、その圧力で腹痛を引きおこしてしまいます

特に横行結腸に溜まったガスは、胆嚢や膵臓をも圧迫するため、激痛を引き起こす可能性もあるのです。

出来るだけおならは我慢しないほうがいいですよ。
posted by おなら博士 at 22:31 | くさいおなら(病気以外)

おならが出すぎる!

おならが出すぎる場合、便秘が原因の場合もあります。


便秘が原因でおならが多く出るときは、腸内に残っている食べカスが便として排出されないため、腸内で異常発酵を起こしてしまっているからです。


ガスをおさえる市販薬も販売されているようですが、実際の効果の程は気休め程度でしかないようです。


安易に薬に頼るより、運動をしたほうが効果は高いようです。


運動をすると呼吸が増えますので、飲み込んだ空気が呼気と一緒に自然に排出されてしまいます。

同時に、食生活を改善していきましょう。

肉食中心の食生活を避け、特に食物繊維の多い食品を多く摂るように心がけてください。


便秘を解消すれば、腸内の悪玉菌が減り、ガスの発生も少なくなるので、おならの量も減っていきます。
posted by おなら博士 at 16:31 | くさいおなら(病気以外)

おならの我慢はガンになる?

おならを我慢するとガンになるなんてちょっとショックなタイトルですね?

これは、誇張したわけではなく本当にありえる話なのです。

しかも、現代社会のようなおならを我慢せざるを得ない状況によく立たされる私たちにとっては他人事ではありません。


おならを我慢すると腸内にガスが溜まって便秘を引き起こし、腸内の悪玉菌が増加して発ガンに適した環境ができあがってしまいます。


実際、大腸ガンの何人かにひとりの割合でこのプロセスを通ってガンになっているそうです。

もちろん、おならを一回我慢したからすぐにガンになるわけではなく、何年もかかってガンに育つそうですが、普段おならを我慢すると、いつのまにかおならは消えてなくなるような感覚になります。

しかし、実際には体内に押し戻されています。


おならには身体に必要のないものが含まれているので我慢したおならは、結局肝臓で毒素を抜く処理をしなくてはなりません。

本来ならば体外へ出るはずだったので、肝臓には余計な負荷をかけることになっています。

出来るだけ、おならは我慢しないほうが健康面では良いのですね?
タグ:おなら ガン
posted by おなら博士 at 16:31 | くさいおなら(病気以外)

おならの出し方に気をつける

おならの出し方に気をつける所なんてあるの?


おならを出すことは良いことです。

逆におならを我慢して出さないほうが身体にはとても悪影響を及ぼします。

おならを我慢すると、我慢したおならは腸壁を通って体内に逆戻りしてしまいます。

本来ならば体外へ排出されるはずだった要らないものを体内へ再吸収してしまうことのメリットは何もありません。

そして体内へ戻ったおならは、どんな悪さをすると思いますか?

おならにはアンモニアや硫化水素などといった、身体に良くない毒素成分が含まれているので危険です。

危険なおならの成分は腸壁を通って体内へ戻ると血液中に溶け込み体内を駆巡ります。

毒素を含んでいるおならは肝臓に大きな負担をかけ、肌荒れや、吹き出物、糖尿病など恐ろしい病気の原因となってしまうことがあるので注意が必要です。


ですから、おならは極力我慢するのは避けたほうが良いのです。
posted by おなら博士 at 16:28 | くさいおなら(病気以外)

おならとげっぷの関係

おならのうち約7割は、口から呑み込んだ空気です。

空気は通常、主に食事のときなどに食べ物と一緒に呑み込まれますが、全てがおならになるわけではないのです。


あなたは食後、げっぷをしませんか?

げっぷとして口から排出される空気を除いて残りはおならになっていくのです。


ですから、げっぷがあまり出ないという方は、その分おならの量も多くなることが予想できますね?


他には、無意識に大量の空気を呑み込むこむ人もいます。

空気嚥下症(くうきえんげしょう)といいますが、過度のストレスや不安を感じているときに多く起こります。

これもやはり呑みこんだ空気は、おならの元になるのですが、人によっては過度のげっぷをすることで排出されてしまう場合もあるようです。
posted by おなら博士 at 11:35 | くさいおなら(病気以外)

おならと便秘

おならは、便秘になるとよく出ませんか?


便秘中におならが頻繁に出るのは訳があります。


便秘をしていると、ウェルシュ菌などの悪玉菌と呼ばれる腸内細菌が増えて、腐敗発酵を起こすので、より多くのガスが発生してしまうのです。


これを改善するためには、まず運動をたくさんしましょう。

運動は、おならの原因となっている口から飲み込んだ空気を呼気として吐き出す効果を期待できるのです。

そして食事と生活習慣を改善しましょう、特に野菜類などでビタミンを摂ると共に、食物繊維を摂って下さい。

同時に水を飲むのを忘れないで。

便秘を解消すれば、腸内の悪玉菌の増殖も抑えられ、ガスの発生も抑えられるそうです。


更に、悪玉菌が増える(腸内環境が悪化する)と当然、おならの臭いもくさくなりやすいです。

posted by おなら博士 at 22:55 | くさいおなら(病気以外)

おならで健康チェック

おならの原因となる腸内環境の悪化ですが、大便のようすで簡単に腸内環境がチェックできるというのをご存知でしたか?


では、便の状態を見ていきましょう。


形や大きさはバナナに似てる?

 つるっとバナナのような形と大きさの便が出たら問題ありません。
 コロコロしていたり、水っぽい便が続いたら食物繊維や善玉菌が足りなくなっているかもしれません。


刺激臭が強い

 便が異常に臭うようになったら、悪玉菌が増えている可能性大です!
 健康なら刺激臭は少なく、発酵性のマイルドな(!?)臭いになるはずです。


便が黄土色

 胃や十二指腸からの出血があると、黒っぽい便になることもあり、続く場合は要注意。
 また、胆汁が少なくなると、白っぽい便が続くので、肝臓のトラブルの可能性もあります。


このように便の色や形で簡単に自分の腸内環境をチェックすることができますし、おならだけではなく病気のチェックにもなりますから、是非チェックをしてみることをおすすめします。
posted by おなら博士 at 17:43 | くさいおなら(病気以外)

おならを出すには

おなら、つまり腸内ガスのほとんどは便と共に排出されます。

ということは、排便時に出来るだけ多くのガスを一緒に出してしまうことはとても大切です。

そのためのコツですが、排便の時左下腹部あたりを腸を揉むようにマッサージするとよいかもしれません。

ちょうど、ガスをしぼり出す感じです。



また、おなら(腸内ガス)は大腸の曲がり角に溜まりやすいのです。

そこで、寝る前に布団の上でゴロゴロ回転して、腸を動かしてから就寝すると、朝の排便時にうまいことガス抜きが出来るようです。



また、ストレスを溜めないことも重要です。

ストレスは胃腸の働きや動きを悪くするので、おならが溜まりやすくなります。

うまくストレスと付き合って解消に努めましょう。


普通のおなら(良いおなら、健康なおなら)なら、このようなことを気をつければ問題ないと思います。
posted by おなら博士 at 21:15 | くさいおなら(病気以外)

健康なおならとは?

健康なおならは臭いがほとんどありません。

おならがよく出るのは食事中に空気をたくさん口から取り入れることもひとつの原因ではないでしょうか?

意識して口から空気を食べないようにしていると、次の日くらいは、あまりおならが出ないような気がします。


しかし悪臭を伴うおならが頻繁にでたら要注意です。

腸内が異常に醗酵・腐敗している可能性があります。
これは、腸炎、消化不良、大腸アトニーなどで便が停滞しているためで、ときに激しい腹痛をともないます。

胃腸が弱ると、口の両端が赤くただれたり、湿疹ができたりする口角炎ができることもあります。

必ずしも胃腸疾患が原因とは限りませんが、俗にいう「からすのおきゅう」で、食べ過ぎの戒めの代名詞に使われています。

口角炎はビタミンB2の不足が大きな原因です。
ビタミンB2剤などのサプリメントや、塗り薬で対処するのが簡単ですが、食生活を変えない限り再発します。
タグ:臭い おなら
posted by おなら博士 at 21:40 | くさいおなら(病気以外)
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。