スポンサードリンク



TOP> おなら対策

おなら対策としての食事

おならが多い、臭いは悩みの種となりますが、改善するにはどうしたら良いでしょうか?

ストレスはおならを増やす原因なので、発散解消するのは大事なことです。

食生活については、豆類や芋類など繊維分が多い炭水化物はガスが大量に発生しますから控えると、おならの減少が見込める可能性があります。

飲酒も、同様に控えてください。

また、便秘は下剤に頼らない方がいいみたいですね。

特にガムは、空気を飲み込みやすいので、出来るだけ噛まない方がいいでしょう。


重要なことですが、いつもと同じ様な食事を摂っているのに、おならの臭いが急に変化したときですが、大腸ガン等、病気の危険性があります。

念のため、最寄りの病院で検査を受ける勇気も必要となります。
posted by おなら博士 at 21:15 | おなら対策

おならをなくすには

おならは基本的には無くすことはできません。

おならをしない人がいたら、それは既に病気といってもいいのです。

それほど、人間が生きていくうえで、おならは重要なものなのです。

しかしあまりにおならが多かったり、臭かったりすると社会生活を営む上で少し困ったことになります。

では、おならに悩んでいる人は、どのように対応すればいいのでしょう?


まず、おならの原因と言われるストレスは、発散を心掛け、唾を飲み込まないように意識することです。

しかし、あまりに意識することもNGといわれます。

なぜなら、そのことに過剰に反応することで実は過敏性腸症候群といわれる別の病気にかかってしまいます。

そうなると、おならが多くなって悪循環になるので、注意が必要です。
posted by おなら博士 at 21:02 | おなら対策

おならがたくさん出てるときの食事

おならとは、腸内ガスが肛門から排出されたものです。

おならとしての腸管内ガスは、約7割が飲み込まれた空気です。

そして残りの約割が血液から出てきたもので、残りの約1割ほどが腸内細菌で食べ物が消化分解されたときに生じています。

従って、おならの量は、飲み込む空気だけでなく、食べた物にも少なからず影響が及びます。

食べ物は、加齢にしたがって好みが変化します。

具体的には肉系から野菜系に変化しますね?


野菜や穀物などは小腸で消化吸収されず、大腸で分解されて腸内ガスになります。


ちなみに、飲酒や下剤の常用、糖尿病患者の消化を遅らせる薬の服用といったものも、ガスの量を増やしてしまいます。

他には、肝硬変や心不全の人は、腸粘膜の血流が少なくなりガスの吸収が悪くなるため、ガスの量が増えます。(増えるというか減っていかないということですね)
posted by おなら博士 at 20:54 | おなら対策

おならを解消する

おならが出るのには、便秘と密接な関係があるのです。

そこで、便意を催したら仕事中でも可能な限り、すぐにトイレヘ行き排泄しましょう。

実は、おならも同様なのです。



排便を楽にするため、腹筋を鍛え、軽い運動を続けましょう。

また時折、気分転換をはかるのも大切です。

意識しすぎると余計におならの量は多くなる傾向にあるのです。


「緊張すると、お腹がグルグルといって、おならが出る、おならの出るのが心配で外出もできない」


このような方は緊張や不安、ストレスが腸に過剰に反応し、腸が痙攣し運動機能が通常よりも良すぎる状態にあります。

本人には苦痛かもしれませんが、大腸内視鏡で炎症やポリ−プ等の病気がなければ、心身をくつろがせてリラックスすることが大切です。


また、大便をすることは恥ずかしいという意識を変えなければなりません。

排便も(もちろん、おならも)とても重要な生理現象なのですよ。

posted by おなら博士 at 23:07 | おなら対策

おならの予防

おならが多い(よく出る)原因には過敏性腸症候群というものがあります。

過敏性腸症候群になると便秘や下痢、お腹にガスが溜まりやすく、おならが多くなるなどの症状が現れます。


実は、どんな人でもある日突然、過敏性腸症候群になる可能性を持っていると言われています。

現時点では原因も不明なので、確実な予防方法も当然ありません。


しかし、大きな原因はストレスです。

ストレスを感じる度合いは個人差が大きいので、解消には人の助け(医師の診断と治療)を必要とする場合がほとんどのようです。

ストレスを強く感じるようになるだけで、おならがよく出るという人もいます。

他には日常動作以外の運動は、予防効果がある可能性があると言われています。

運動中は交感神経優位の状態となり、運動後は疲労の回復と栄養の吸収のために副交感神経優位となるので、結果的に消化運動に関係する自律神経系に刺激を与えることができるからというのが理由のようです。

posted by おなら博士 at 22:33 | おなら対策

おならを減らす習慣

おならを減らす方法には様々な方法がありますが、その中には食事をよく噛んで食べるというものもあります。

よく噛むことはとても大事です。

よく噛めば食べ物の中に含まれている空気が追い出されて結果的には飲み込む空気の量が減ります。

おならの主な原因は飲み込む空気ですので、これでおならは減ることになるのです。


他のおならの量が増える原因には、年齢を重ねるごとに臭いが強くなるとか、量も多くなるということがあります。

加齢するにつれ、ストレスを多く感じることももちろんですが、緊張するとつばを飲み込む回数も増えていくそうです。

つばを飲み込む度に、おならの元になる空気をたくさん飲み込むのです。

さらに、年齢を重ねることにより、腸内環境悪化(善玉菌より悪玉菌が増える傾向がある)によって臭いが増す傾向にあります。
posted by おなら博士 at 10:30 | おなら対策

出過ぎるおなら対策

おならが出るにはいろいろな理由があるのです。

その中でも、おならは健康な腸を手に入れれば少しは改善されやすくなるのです。


正常な腸とは、正常な排便をできる人です。


人の腸内には様々な細菌がいますが、良く知られている言葉が、善玉菌と悪玉菌ではないでしょうか?

正常な腸とは善玉菌が悪玉菌を抑制している、整った腸内環境のことを示します。

しかし通常、善玉菌よりも悪玉菌のほうが多くなりやすいのです。


善玉菌を増やすには善玉菌にとってのいわば栄養剤の役割をするプロバイオティクスを腸内に送り込む必要があります。

善玉菌の増殖を助け、かつ自身でも頑固に腸壁にへばりついて効力を発揮し、ストレスに対抗できる強力なプロバイオティクスでなくてはなりません。

大便の半分以上が腸内細菌なのです。


健康な腸を手に入れて、少しでもおならを少なくして、快適な日々を過ごしましょう。
posted by おなら博士 at 23:09 | おなら対策

おならを抑える薬

おならを抑える薬があります。


商品名はガスピタンですが、消泡剤が発生したガス溜まりをつぶし、膨満感を解消し、消化酵素で食物繊維を分解し、ガスの発生を抑えるというものです。

さらに、3種類のビフィズス菌が腸の働きを活性化させ、おなかの調子を整えるというものです。

薬でおならが抑えられるのは、緊急時に限らず、とてもありがたいものでしょう。

しかし、おなら抑制を常時薬に頼るのはどうでしょうか?

薬に頼るよりも適度な運動をして自分の身体の自然治癒力(少しニュアンスが違うような気がするのですが…)を高めましょう。


血液中にあるガスはおならの成分のうち少しの割合を占めていますが、これらはおならになる他は、肺を通して体外へ排出されます

運動をすると当然呼吸が増えますので、おならとなるはずだったガスが呼吸と共に体外へ排出されるのです。

もちろん運動して呼吸が増えているので排出されるガスも多くなり、おならは減少します
タグ:対策 おなら
posted by おなら博士 at 22:33 | おなら対策

おならが溜まるのを防ぐ

おならが溜まる第一の原因は、飲食時に食物や飲み物と一緒に空気を飲み込んでいるからです。


実は、おならの大部分は、この飲み込んだ空気です。

飲み込んだ空気を「げっぷ」で全部出せるなら、おならの量も減るでしょうが、なかなかそうはいきませんね?


そして残りは、体内で食物を消化するときに発生するガスと血液などに含まれる空気が腸内に戻ってくるもので占められます。



おならが溜まるのを防ぐ簡単な方法は、余分な空気を飲み込まないことです。


飲食時に余分な空気を飲み込む原因のひとつとして挙げられるのが、「早食い」でしょう。

早食いすると、どうしても食べ物と唾液が混ざらないまま飲み込みます。

逆に、良く噛んで食べると食べ物に混じっている空気を追い出す効果があるのです。

ストレスも空気を良く飲み込む原因なので気をつけましょう。


おならの約70%が飲み込んだ空気ということから、まずは早食いを止めて、空気を飲み込む量を減らしてみましょう。
posted by おなら博士 at 21:18 | おなら対策

おならの臭いに効くサプリメント

おならの臭いに効くサプリメントがあったら、あなたは飲みますか?



まぁ、実際おならに直接効くというサプリメントはありませんが、あるサプリメントを飲むことで間接的におならの量を減らすことにつながるサプリメントの摂取の仕方があります。


サプリメントを飲んで、腸内環境を整えることでおならの量を減らしたり、においを軽減できたりするのです。


各社いろいろなサプリメントが出ていますが、おならの量などを抑えることにつながる腸内環境を整える効果を期待できるものは、乳酸菌やビフィズス菌を生きて腸まで届くことが期待できる製品でしょう。



乳酸菌やビフィズス菌というのは、一般的には善玉菌と呼ばれているものですが、これらの栄養となるオリゴ糖を併せて摂取することで更なる効果を期待することが出来ます。


乳酸菌やビフィズス菌は動物性のものではなく、植物性のものが胃酸などで減らないで腸までより多くのものが生きたまま届くようですので、その辺も選ぶポイントにしてください。
posted by おなら博士 at 18:49 | おなら対策

腸内改善でおなら減少?

おなら恐怖症やおならが多いという人は、おならを減らす工夫が必要です。

おならを減らす簡単な方法のひとつに「腸内細菌の種類を改善する」というのがあります。


腸内細菌とは、悪玉菌と善玉菌のことを言っています。


悪玉菌とは、ブドウ球菌や大腸菌などのことで、腸内の老廃物を腐敗させ、数々の有害物質を産み出して腸内を汚すという悪さをします。

善玉菌とは、乳酸菌やビフィズス菌などのことで、消化の働きを助け、腸内を綺麗にします。



では、どうやって腸内の善玉菌を増やすのか?ということですが、逆にどうなると悪玉菌が増えるのか?ということを知っておきましょう。


悪玉菌は、主に精神的ストレスによって増加します。


心身に強いストレスがかかると、胃腸の機能が低下し、胃液や胆汁などの消化液の分泌が少なくなります。
すると、消化不良により腸内の内容物が腸内に長くとどまるようになり、悪玉菌が増殖するという仕組みです。

おなら恐怖症にかかっている人に、医師やカウンセラーが「おならの恐怖心を消しなさい」と言うのはそのためです。

おならに対する恐怖心が、結果的に、腸内の悪玉菌を増やし、おならを発生しやすくさせているからです。



では、善玉菌の増やし方ですが、まず自律神経の調子を取り戻すことが先決となります。

まず、規則正しい生活(適度な運動や睡眠)、カウンセリング、自律訓練法、センコツ君など、色々あります。


次に、バランスの良い栄養を摂ることです。

食べ過ぎは大敵、決め手は、生きたままのビフィズス菌や乳酸菌と、そのエサとなるオリゴ糖を摂り、腸内の善玉菌を増やすことなのです。


しかし気をつけなければならないのは、ヨーグルトや乳酸菌飲料は、菌のほとんどが胃酸でやられて、腸に届きにくいという欠点を持っています(摂らないよりは、マシでしょうが…)。

生きて腸まで届く乳酸菌として有効とされるのは、植物性乳酸菌といわれます。

色々なサプリメントなども出回っています。
悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすために、サプリメントを飲むのは大変有効な方法です。
posted by おなら博士 at 21:25 | おなら対策

おならの悩み(ちょっとした工夫)

おならの悩みは人それぞれですが、おならについて全く悩んだことがないという方はいるのでしょうか?

こんな人、もしいるとしたら、とてもうらやましく思いますが・・・。


さて、話がそれてしまいましたが、ほとんどの方はおならの量か臭いが悩みではないですか?


実は、ちょっとした工夫でおならを溜めないようにすることが出来ます。


その工夫とはなんでしょう?

ちょっとした工夫とか言っておきながら、大変でとても長続きしないのでは意味がありませんね?

しかし、今から言うのはとても簡単で、ちょっとした意識づけだけで誰でも出来てしまいます。



それは、姿勢。

姿勢が悪いと、肺からのガス交換が悪くなるため、血液中の二酸化炭素分圧が上がり、腸内にガスが溜まりやすくなって、必要以上のおならが出てしまうのです。

スッと背筋を伸ばして、呼気が十分できる複式呼吸を心掛けること、簡単ですね?気付いたときにやってください。

効果は微々たるものかもしれませんが、少しでも減らせるのならやる価値はありませんか?
posted by おなら博士 at 21:05 | おなら対策

おならの悩み(溜めないために)

おならの悩みは人それぞれです。

おならが多くて悩んでいる人、おならの臭いがくさくて悩んでいる人、おならが出なくて悩んでいる人(これは病気に近いのであまりいないかも)と、多種多様です。


その中で、おならがたくさん出て悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

では、おならを溜めないためにはどうすればいいのでしょう?


おならの多くは口や鼻から飲み込んでいる空気です。

これは意識して飲み込んではいないので、いつ飲み込んだのか、よく分からないという人もいるのでは?


まず多いのは、食事中に食べ物と一緒に飲み込んでいる場合です。

特に早食いの人は空気をたくさん飲み込む傾向にあるようです。

飲み込んだ空気はげっぷとして、排出されない場合そのままおならになっていってしまいます。

食べ物を口の中で十分に咀嚼して唾液と混ぜ合わせて空気を逃がしてやると良いです。

工芸で、陶器を造る際には、粘土を良くこねるのは、空気を逃がす目的もあるのです。


posted by おなら博士 at 20:55 | おなら対策

おならは減らせる!

おならを減らしたい方のための改善対策をしましょう。

おならを他人の前でするのは迷惑をかけますが、我慢しても身体に良くないので、うまくコントロールするための、おならを増やさない生活アイディアはないのでしょうか?

ポイントは第一に、腸内環境をできるだけ良好にすること。
そして第二に、ストレスと上手に付き合うことです。


腸の回りを刺激する運動をしましょう。
軽いもので十分で、便秘解消にもなります。
ウォーキングも効果的です。
就寝前の数分間のストレッチやヨガで、ストレス解消や熟睡を得ることができ、効果は倍増します。

ヨガストレッチがおすすめです!ガス抜きポーズをやってみましょう。

1. 仰向けになって、鼻から息を吸いながら両膝を腕で胸の方に
引き寄せる。膝を抱えた手はすねの辺りで組む。
そのまま、5〜10秒息を止める。
2. 口から息をゆっくり吐きながら両膝を顔の方に引きつける。
頭も持ち上げ、体はできるだけ小さく丸めるようにする。
これで胃腸が程よく圧迫され、腸のぜん動運動が促されるとともに、
たまったガスが無理なく抜けていきます。
便秘解消や腰痛にも効果が期待できます。


ほかに、就寝直前に食事をすると、消化不良になりがちです。
早食いの人は、食べ物といっしょに多量の空気を飲み込んでしまっている場合が多く、おならの原因になっています。

よく噛みながら、ゆっくりと、規則正しい食事をとる習慣をつけましょう、これはダイエットの基本でもありますね?

肉食に偏った食事は、腸内環境を悪化させます。

肉を食べたら同じ量の野菜をバランスよくたっぷり摂りましょう。

さらに善玉菌を増やす工夫をすれば、腸内環境は良くなります。

善玉菌を増やすのに効果的なのは、ビフィズス菌など、乳酸菌を多く含む食物や乳酸菌飲料です。

チーズ、バター、みそ、しょうゆ、納豆などは体の免疫力UPにもつながるダブルの効果を生みます。

他には、ストレスはおならの量を増やしてしまいます。
おしゃべりや運動などで、気分転換やエネルギーの発散をしましょう。

ヨガなどで取り入れられている腹式呼吸は、ストレスと腸内環境に同時に効きます。
posted by おなら博士 at 15:33 | おなら対策

おなら体操(対策編)

おなら体操といえば、「のだめカンタービレ」ですが、ここでは全く違ったおなら体操の紹介です。


おならが出ない時ってありませんか?

おならが出ないというのは、とても苦しいです。
お腹はだんだん張ってくるし、そのうち腹痛になることもありますね?
そして、おならが出ないと便秘にもなりやすいです。

あまりに続く場合などは、消化器内科・外科を受診するといいようですし、おならを促進する薬というのもあるそうです。


「おならや便を出す体操(運動)」というものがあったので紹介します。

1. 仰向けになって、膝を抱えてきつく力を入れながら、息を吸い、脱力とともに、息を吐く
2. お腹に力を入れたり抜いたりの繰り返しをする
3. うつぶせの状態でお尻だけを突き出して、肛門を上にするようにして体のガスが肛門から出やすいようにする
4. 浣腸
5. お尻で地面を歩く
6. 下腹部をグーで力いっぱい押す

なんだか怪しそうですが、これらに加えて、

7. 腹筋運動、またはカラオケなど発声運動をする

で、腸の動きは確実に促進されるようですから、効果が望めます。

ただ、あまりにひどい場合は、腸自体に何らかの異常がある事が多いので、病院で検査を受けることをおすすめしますが・・・。
posted by おなら博士 at 14:46 | おなら対策

おならを減らすには?

おならの回数を少しでも減らしたいと、おなら減少対策を毎日行っている方もいらっしゃるでしょう。

おならの回数を減らすには、

炭酸飲料はおなかの中で炭酸ガスが異常に発生します。
炭酸飲料は控えましょう。

体調を整え、便秘をしないように気をつけましょう。

食物繊維には便通をよくする大切な役目がありますが、多量に食べすぎると消化しにくいため未消化のまま大腸にたまっておならが出やすくなります。

散歩や軽い運動で体をよく動かすと、腸の動きを活発にしてくれます。

食事などの際、おしゃべりをしたり急いで食べると空気をいっしょに飲み込みやすくなります。ゆっくりとよくかんで食事をしましょう。

ガムも空気を飲み込むことになりやすいので止めましょう。つばを飲み込まないように意識することも大切です。

普段から空気を飲み込んでしまうことを考慮して少なくなるように。

おならの70%ほどが口や鼻などから入ってくる空気が原因です。

普段から口を開けるクセのある方は特に空気を飲み込んでいないかチェックです。
posted by おなら博士 at 23:08 | おなら対策

おならの臭い対策には

おならの臭い対策としては、

便を我慢しない

便を我慢すると、当然便秘になりやすくなります。
便秘になると大腸内で発酵が進み、くさいおならが蓄積されてしまいます。

肉類を多量に食べると悪玉菌が活躍して、くさいおならが出やすくなります。

にんにくや、たまねぎなどを控えましょう。

腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やすようにしましょう。

日頃からビフィズス菌入りのヨーグルトやオリゴ糖入りの乳酸菌飲料、海草、納豆、きのこなどをしっかり取って、大腸の善玉菌を増やすように心がけましょう。

良い(臭いが少ない)とされる食品
ヨーグルト、チーズ、乳酸菌発酵食品、バナナ、大豆、オリゴ糖を含む食品は腸内の善玉菌を増やします。

食物繊維
食物繊維には便通をよくする大切な役目があります。


逆に悪いとされる食品は

炭酸飲料水
腸内に炭酸ガスが爆発的に貯まる結果になります。

肉食
動物性タンパク質を取ると、それを食す悪玉菌が活発に活動します。

ニンニクや玉ねぎなど
硫黄分の多いものはインドール、アンモニア、硫化水素が発生します。
食物繊維

消化しにくいため多量に食べすぎると未消化のまま大腸に貯まってしまいます。

乳糖不耐性
小腸膜上のラクターゼ(乳糖の分解酵素)の欠乏により、牛乳や乳製品に含まれる乳糖を腸内で消化できず腹痛、下痢、腹部膨満感を起こす人がいます。
これは乳糖不耐症といい、このような人はできるだけ乳製品を控えましょう。
posted by おなら博士 at 22:50 | おなら対策

おなら対策の基本

おならは臭います!音も出ます!

おならは腸内の健康度を示すバロメーターと言われます。
悪臭の強いおならがいつも出るようなら悪玉菌が増えている場合で、大腸に何らかの問題がある可能性も考えられます。


そこでなんとかしたい「おなら対策」の基本となる方法を紹介します。


便意は我慢しないように
便を我慢すると便秘になります、お腹の中で発酵がどんどん進んでしまうことになります。
当然おならも臭いがどんどん増します。

体を(動かすなどして)温める
腸内細菌にはちょうどいい温度が維持される必要があります。

食事をゆっくり噛んで食べる
早食いなどで、食事中にたくさんの空気を吸い込むと、吸い込んだ空気が腸内に溜まる結果になり、おならの素を多く作ってしまいます。
また、きちんと食べ物を噛んでいないので、食べ物が胃で十分に溶けないために、通常よりも多いガスが発生します。
posted by おなら博士 at 22:43 | おなら対策

おなら対策にはコレ

おなら対策に、医師がおすすめする「焼きりんごヨーグルトがけ」というのがあるのをご存知でしょうか?

おならの量が多い人にとっては、いつでもどこでもしたくなる、おならは本当に困ったもので、悩みの種ですね?

おならなんか人並みで良いから少なくなって欲しいと思うものです。
しかも、他人のおならなんて普段聞かないので、おならをするのは自分だけでは?なんて錯覚に陥ることも!

しかし、おなら対策にはとても簡単な方法があったのです。

実は、おならの回数を減らすには、りんごと乳酸菌の組み合わせが最適!

このおなら減少対策は医師もおすすめの方法だったのです。

同時に腸内環境をも改善してくれるようですので、まさに一石二鳥ですね。

やり方は簡単です。

焼きりんご1/4個に乳酸菌入りのヨーグルト(乳酸菌が入っていれば何でもいいのだそうです)などをかけて一日一回食べるだけ。

焼きりんごは、りんごを電子レンジでチンするだけで良いそうです。

オリゴ糖が入っていないと、あまり効果が出ないような気がしますが、それは言われませんでしたね・・・。

焼きりんごヨーグルトがけを食べるようになってからは効果は絶大で、朝から何回もしていたおならが、夕方位からしか出なくなりました。


とても簡単なので、試してみてはいかがでしょうか?

posted by おなら博士 at 23:03 | おなら対策

おならの臭いが消える!?

おならの臭いを消す商品が販売されています。

その名も「ガスメディック」と言い、おならの臭いを吸収するクッションです。

ちなみに、広島大学第一外科 大毛宏喜医師の研究結果によれば、ガスメディックパンツは、99%のおならの臭いを吸収できることがわかりました。
実験はアメリカで行われ、研究結果は、the American Journal Of Gastroenterology(消化器病学のアメリカンジャーナル)に報道されました。


ガスメディックは、見た目と座り心地こそ普通のクッションと変わりませんが、おならの音と臭いを吸収するクッションとパンツということです。

ガスメディックは、ガスビィゴンをより医学的な立場から最新テクノロジーを使って開発した商品です。
胃腸障害など健康に問題がある方のために、通常のガスビィゴンよりもおならの音とニオイをろ過する機能をさらに強化して作られています。


約40cm四方のクッションとパンツの中には、おならの臭いを吸収する活性炭フィルターとおならの音を抑え拡散するフィルターフォームが入っています。

活性炭フィルターは、化学兵器などを防御するための軍事用に開発されたテクノロジーを使用しています。

クッションの方は約6ヶ月毎にフィルター(価格は数千円)を交換しなければなりません。


パンツは1個、1万円ほどもするのですが、効果は約3ヶ月程だそうです。


なので、1年間だと4個必要ということに、しかも洗い換えに2つづつ必要なのでは?と思います。

結局1年間で、8個いるのではないのでしょうか?
すごい出費ですね?

注意点といえば、これは根本的におならの臭いを解決しているわけではないので、グッズを使用しないと元に戻ります。
posted by おなら博士 at 22:09 | おなら対策
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。