スポンサードリンク



TOP> おならと女性

女性もおならはします

おならですが、女性は…特に綺麗な女性は、おならをしないと思っている男性が少なからずいるようです^_^;

しかし、このような考え方は大きな間違いなので、改めてほしいですね。

本当におならをしないのなら私たちは人間ではなくなってしまいます!


おならというのは人間であれば絶対するものです。

おならをすることによって、身体の中のいらないものを排出する生理現象です。

性別や年代を問わずです。

勝手に綺麗なものを崇拝する気持ちも分からなくないですが、崇拝されたほうは結構辛いですね。

どんなに綺麗な女性でも、おならが多くて悩んでいたり、くさくて悩んでいたりするものです。


分からないかもしれませんが、どんな人でも悩みというものを持っているのです。

まぁ、特におならの悩みなんて人には言えないですが…。
posted by おなら博士 at 21:45 | おならと女性

妊娠中のおならを我慢すると…

妊娠しているときは、おならが出やすいと感じることがありませんか?

妊娠中は、妊娠時特有のホルモンが出ている影響で腸の動きが一時的に悪くなったり、活発になったりする時期があるのです。

それが、おならやげっぷが出やすくなる原因になっています。



人前でおならをするのは恥ずかしく、またマナー違反なのですが、身体が体内の不要なものを外に出そうとしている働きなので、できる限り我慢しないようにしたいものです。


おならや便意を催すと直腸・結腸反射という神経の反射が起こり、大腸の蠕動運動が高まります。

しかし、便意を我慢し続けていると、直腸・結腸反射が無くなって、便意もなくなってしまうのです。

何度も繰り返すと便秘になってしまいます。


さらに妊娠後期は、子宮が大きくなって腸を圧迫します。

そのため、急に便秘になることもあります。

便秘になると、おならが出やすくなります。

食物繊維を多く含むものを多く取り、適度な運動を心がけて便秘を解消するように心掛けることも大切です。
posted by おなら博士 at 22:12 | おならと女性

妊娠中のおならを止めたい

妊娠中にはおならやげっぷが、出やすくなる時期(4ヶ月ころ)があるようです。


妊娠性のホルモンの影響で、腸の動きが良くなったり悪くなったりするのです。

一般的には、便秘になる人が多いのですが、下痢になる人もいるようです。

また、おならやげっぷとして症状がでる人もいるようで、その場合には「おならがしょっちゅう出て困る」ということになりますね。


症状はホルモンに適応するまでの一時的なものですから、時間が経てば治まるのではないかと思われます。


しかし、おならを止めるとなると話は別です。

おならとは身体のいらないものを体外へ排出しようという生理現象のようなものなので、逆に出さないのは身体に悪影響を与えかねませんし、そもそも止める方法などは無いのです。

この時期に増えるおならはむしろ健康な証拠として喜ばなくてはならないのですよ。
posted by おなら博士 at 19:18 | おならと女性

妊娠中のおなら

妊娠するとおならが出やすくありませんか?


妊娠中は妊娠中特有のホルモンの影響で、腸の動きが活発になったり悪くなったりする時期があります。

大体4か月の頃のようですが、げっぷやおならが出やすくなることもあるようです。


おならが出来ない状況で出てしまうのは恥ずかしい事ですが、これは身体が体内の不要なものを外へ出そうとしています。

なので無理に我慢する事はやめたほうが良いのです。

便意やおならを我慢し続けると、直腸・結腸反射が消えて次第に便意を感じなくなります。

これを何度も繰り返すと便秘になってしまうのです。

とは言っても、所かまわずにおならのできる女性はそうはいませんね?

出来るはずもないので、どうすればいいかというと、おならのにおいを消すパンツがあります。

音は仕方ないのですが、スカしっ屁に出来れば、ほぼバレなくなるようですよ(汗)。
posted by おなら博士 at 19:18 | おならと女性

女性のおなら症の実態

おならに悩む人は、そのほとんどが10代後半から20歳代の女性です。


原因の半数以上は、腸管に異常がないのに腸が痙攣(けいれん)したような状態になってしまう過敏性腸症候群(IBS)です。

下痢や便秘の原因でもあり、本来は腸で吸収されるはずのガスが、どんどん直腸へ運ばれてしまうので、おならが増えるのです。


次に多いのが、口から飲み込みすぎた空気が腸に溜まる「呑気症」、そして牛乳などに含まれる乳酸菌が腸内で発酵する乳糖不耐症です。

しかし、そればかりではないタイプの人が、3分の1もいます。

実はおならは、「胃腸の問題に精神的な要因が重なっている人たちが多い」そうだ。


「おなら症」を訴える人たちは、緊張したときに無意識のうちに空気を大量に飲み込んでいる場合が多いのです。

過敏性腸症候群などで内容物が早く直腸に送られているときに、大量の空気が腸に入るので、余計におならがたくさん出る状態になると考えられています。

これは過敏性腸症候群と呑気症の組み合わせ型と言えます。
posted by おなら博士 at 20:04 | おならと女性

女性とおなら症

近年、若い女性の間で「おなら」が深刻な悩みとなっているらしい。

おならとは、勤め先でも学校でも、時と場所を選ばず、頻繁に放屁してしまうというもの。

恥ずかしさで耐えられないこの症状に、人知れず苦しんでいる女性たちがいる。

周囲から好奇の目で見られ、医師からは「気のせい」と片付けられて、社会的に追い詰められていく人が多い「現代病」だ。


この「おなら症」だが、原因は精神的なもの。

そのなかには「おなら症」を気にするあまりに、人生がめちゃくちゃになってしまった人もいるという。

しかし、おならの量は意外に多いのです。

健康な成人が1日におならで排出するガスは1日1,000ミリリットルから2,000ミリリットル。

一回50から500ミリリットルずつ出していますから、1日に20回もおならが出るという位では普通の範囲です。
posted by おなら博士 at 21:47 | おならと女性

女の子のおなら

おなら」について、あるラジオ番組でやっていました。

大人の女性だったのですが、その方が小さい頃のおならの話をされていました。

要約すると、小さいとき家族で食事中に誰かがおならをしたので、父親が激怒して犯人探しになりました。

父親が家族のお尻の臭いを順番に嗅いでいくのです(笑)!

家族を順に調べていくのですが、その家は女の子は二人。

しかし、その女の子まで来たところで女の子だから…、という理由でおならの犯人探しは終了したのだそうです。

女の子という理由だけでおならを免除されたそうですが、きっと父親には犯人が分かったのでしょうね^_^;

しかし世の中には、綺麗な女性はおならをしないと思っている男性が意外に多いのです!

単なる偏見なのですが、これってどう思いますか?
タグ:女性 おなら
posted by おなら博士 at 21:21 | おならと女性

女子のおなら

おならは、中学生や高校生くらいの女子にとってはとても重大な悩みになります。


授業中や、人前でおならがしたくなったり、今はダメなんて時に限っておならがしたくなることを経験していませんか?


おならをしてはいけない状況になると、余計に意識したりして・・・。

結局、おならを我慢して辛い思いをしたりという経験は誰しもあるはずです。


ここで、ひとつ重要なことがあるのです。


じつは、以上のようなストレスが余計なおならを誘発するということです。


あまり知られていないかもしれませんが、ストレスを溜めるとおならも溜まるのです。

おならがよく出る人、思い当たりませんか?

おならにあまり気を使わないほうが溜まらないようですが、おならがよく出る女子にとっては、そうも言ってられません。


また、ストレス(精神的な影響)からくる腹痛に「過敏性腸症候群(IBS)」というものがあります。

簡単に言うと、精神的な不安やストレスから自律神経が乱れ、腸の運動や分泌機能が過敏になって便通異常を起こすというものです。

主な症状としては、腹痛とともに便通異常を伴います。

また、おならが頻発するといったこともあります。


ストレスによる身体の影響って、どこまで広範囲にいけば気が済むんでしょうかね?
posted by おなら博士 at 22:14 | おならと女性

彼女のおなら

男性の中には、彼女のおならは許せませんという人がいます。


それが元で離婚問題にまで発展するケースもあるほどです。



では、なぜ彼女のおならが許せないのでしょうか?


彼女が自分の目の前でおならをするのはイヤな気持ちは想像つきますが、どんな綺麗な女性でもおならはするし、げっぷも出る、人間なのですから・・・。


と、いうよりも普通なら、おならが出ないのは逆に病気なのです。


あなたは、彼女のどこが好きなのですか?

はっきり言うことが出来ますか?


おならをする女性が許せないという男性には、心の病を持っている場合も少なくないようです。


ちょっと極端な話をしてしまいましたが、価値観の違いといってしまえばそれまでです。

しかし、愛する女性のげっぷやおならが嫌いというのは本当に、その女性のことを好きではないということだと思うのですが・・・。
posted by おなら博士 at 22:06 | おならと女性

女性とおなら恐怖症

ガス・おなら恐怖症とは、おならが出て恥ずかしい思いをするのでは?と異常に心配することから起こる病気です。

そして、このガス・おなら恐怖症を発症するのは圧倒的に女性が多いというのです。

おなら恐怖症の原因はなんと、ストレスです。

おならが出るのを止めたり、おならを少なくするのは内科や胃腸科じゃないの?と思われるかも知れませんが、おなら恐怖症を改善するには恐怖心(ストレス)をなくしていくしかありません。

実際にはカウンセラーとのカウンセリングを行うわけですが、ストレスをなくしてください、と言われてすぐになくせるわけでもなく、おならもすぐには減らないので、結局は半信半疑のままになりやすいようです。

カウンセリングを受けている方は、まだいいほうで中には一人で悩んでしまう女性も数多いと聞きます。

当てはまるなぁと思われる方は恥ずかしがらずに、カウンセリングを受けることをおすすめします。

同時に自分で簡単に出来る、おなら減少作戦を実行してみませんか?

内容は

 1. 食べ物を良く噛んで食べる(余計な空気を飲みませんのでおならが減少します)

 2. 腸内細菌を改善する。
  つまり、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす(ビフィズス菌、乳酸菌、オリゴ糖を摂る)

簡単ですが、効果が期待できるので試してみましょう。
posted by おなら博士 at 21:07 | おならと女性

妊娠時のおなら

「妊娠するとおならが良く出るようになった」と言うのを聞いたりしませんか?


妊娠中は妊娠中特有のホルモンの影響で、腸の動きが活発になったり悪くなったりする時期があります。

そのためゲップやおならが出やすくなることもあります。


また、妊娠中は骨盤内の血行が悪くなり、腸管の運動量が低下します。

それによって便秘が起こりやすくなり、便が発酵してガスが溜まる、おならが出るといった妊娠初期症状が出やすくなります。


妊婦の方は、おならが良く出るようになったという悩みが多いようですが、妊娠時のおならは妊娠初期症状として普通のことです。

それよりも、おならを我慢して出さないことのほうが身体に悪いので、気をつけてください。

人前でおならが出るのは恥ずかしい事ですが、体が体内の不要なものを外に出そうとしているので無理に我慢する事はやめましょう。


便意やおならを我慢し続けると、直腸・結腸反射が消えて次第に便意を感じなくなります。

これを何度も繰り返すと便秘になってしまいます。
posted by おなら博士 at 22:37 | おならと女性

女子高生のおなら

おならで悩む女性(女子高生)は多いと思います。

特に近年は、朝の時間を惜しむあまりに、トイレの時間を十分とれずにそのまま学校に向かってしまいませんか?

学校などでも恥ずかしいとかの理由で、ついつい我慢しがちですね?
そうすると、当然便秘傾向になってしまいます。

便秘もおならを多くする原因の一つということを知っていましたか?

腸があまり良くない状態になるので、おならの量が増えます。

腸内環境の改善も合わせて試してみると良いと思います。

他に、必要以上に空気を飲み込んでいたり、主な原因は早食いなどです。

これは心がけで少なくすることが出来ますが、既に習慣になっているはずなので、なかなかすぐには改善できないと思いますが気長にするしかありません。

ストレスもおならの量を多くする原因のひとつなので、ストレス解消にも努めましょう。

おなら(ガス)を抜くための薬が薬局で販売されています。

買うのにも恥ずかしいのですが、試してみるのもいいでしょう。
posted by おなら博士 at 09:34 | おならと女性

おならフェチ???

おならで女性の好感度がアップするとか!?


女性のおならが好感度アップにつながると説くサイトがあるようです。

以下引用ですが、


その女性に起こったアクシデント(おなら)は、彼の“愛情をより深めるスパイス”にこそなれ、嫌悪の対象になることなどまずありえないのです。
仮にデート相手の女性が爆笑した勢いで“鼻汁”など垂らそうものなら、ほとんどの男性は 「あぁ、オレはもうこの人と結婚するしかない」とか思ってしまうのです。



以上引用でした。

そんなことは、あり得ません(キッパリ)!
しかし、現に世間には、おならフェチと呼ばれる人達が存在します。

他人のおならを快感と感じるんですね(笑)


しかし、この引用文はどこの国の話ですかね?
少なくとも現代日本では当てはまらないような気がしますが・・・。

もう結婚間近の間柄なら、おならも愛情をより深めるスパイスになる可能性がありますが、そうでない場合は、おならは彼の心を遠ざける危険性のほうが大きいような気がしてなりません。

みなさん、どう思われますか?
タグ:女性 おなら
posted by おなら博士 at 09:26 | おならと女性
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。