スポンサードリンク



TOP> おならの臭い

おならの臭いの変化には危険が潜む


オナラには良いおならと悪いおならがあります。

良いオナラは、あまり匂いません、そんなに臭くないオナラです。

反対に悪いオナラというのは、くさい匂いを出します。


おならの量が多くなるのは、飲み込む空気が多く(炭酸飲料をたくさん飲んだ等です)なったり、食べた食物の分解ガスが多い食品であったりすることもあるので、臭わなければそんなに神経質になる必要もないように思います。


早食いもたくさんの空気を飲み込む原因で、おならが多くなる原因です、良く噛んで食べると良いのです。



気をつけなければならないのが、急にオナラが臭い匂いを出すようになったときです。

オナラが急に臭くなるのには、それなりの訳があり、口臭や体臭が臭くなったときには体調も悪くなっていたりするのと同じで、臭いおならは腸の健康状態を反映するとも言われています。


腸内環境の悪玉菌と呼ばれる腸内細菌が善玉菌の数を上回り、肉や卵などのタンパク質を分解するとき、アンモニア、硫化水素、インドール、スカトール、揮発性アミン等のガスが発生し臭くなります。

また、交感神経を刺激して、顆粒球を増加させ、活性酸素が発生し、腸粘膜を傷つけます。

相対的に腸免疫に関係するリンパ球が減少して、腸菅免疫力を抑制してさまざまな病気の原因となるといわれます。


オナラは腸内の健康状態を映し出す鏡なのですから、オナラの臭いの変化には注意したほうがいいようです。

腸内環境を整えて、おならの臭いを抑えるには、乳酸菌と食物繊維、消臭食物(にんじんの葉、マッシュルーム、藍藻類のクロレラなど)を積極的に取り入れ、健康的な生活習慣を心がけましょう。

posted by おなら博士 at 22:04 | おならの臭い

食物繊維でおならを解消


おならと食物繊維はどういった関係があるのでしょうか?


食物繊維といえば、腸の働きを整え活性化させる第6の栄養素として知られています。

食物繊維そのものは人間が自分で消化吸収できないと言われていますが、実は人間の腸内には様々な腸内細菌が生息していて、ある程度の食物繊維を発酵、分解することができるそうです。

食物繊維には多くの種類があって腸内細菌による発酵分解のされやすさというものも差があるそうです。

(チコリ根などのイヌリンや、グァ豆に含まれるガラクトマンナンの水溶性食物繊維は、比較的発酵されやすい部類の食物繊維です)

食物繊維が腸内細菌によって発酵されるとき、短鎖脂肪酸という物質が生成されますが、短鎖脂肪酸が人の腸内環境を整える上で非常に重要な物質なのです。

短鎖脂肪酸が生成されると腸内が酸性に傾き、悪玉菌と呼ばれる腸内細菌が生息しにくい環境になります。

善玉菌が働きやすい環境になるのです。


つまり、おならが臭い原因のひとつである悪玉菌の増加を抑えやすい環境を作ることが出来るようになります。


オナラの量は腸内環境の悪化によって多くなったり、臭いもくさくなったりします。

オナラがくさい原因は、腸内での異常発酵などで悪玉菌が増えるということも重要です。


悪玉菌の増加を抑制できればおならの臭いは、きつくなくなっていくはずなので、食物繊維をとることはオナラの臭いを抑える上では重要なことだと言えます。

posted by おなら博士 at 16:41 | おならの臭い

おならが臭い訳

おならというのは本来であれば、くさくないのです。

「本来であれば」というのが難しいのですが、オナラというのは、口から入った食べ物が、身体の各消化器官で消化されていく時に発生するガスのことで、正常な状態であれば無臭となるのです。


「本来であれば」とか「正常な状態であれば」なんて回りくどい表現を使っていますが現代人は、この「本来であれば」とか「正常な状態であれば」という状態が極めて難しい現実があります。



では、どういう状態のときが、おならが臭い時になるのでしょうか?


おならが臭う、臭わないは、主に腸で食べ物が分解されたときに出るガスの種類によって決まります。

おならは、豆類やイモ類などが消化された時にできる発酵型のガスと、肉や卵などの動物性たんぱく質が消化された時にできる腐敗型のガスの2種類に分けることが出来ます。

おならが臭いのは、肉食中心による腐敗型ガスのせいで、臭いの原因物質は、インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素などが強いにおいを発生させるのです。

他の原因では、腸内の悪玉菌が増えすぎているとき、胃腸の働きが悪い時、ストレスが多い時、玉ネギやニンニクといった、硫黄分の多いものを食べた時もおならの臭いは強くなる傾向があります。



現代人は、どちらかというと肉食中心です。

つまり腐敗型のガスを作りやすいのです。


昔の日本人は肉よりも魚中心の食生活で、野菜もたくさん摂っていたので、食物繊維なども十分摂取していたと言えます。

このおかげで、あまりオナラが臭くなかったのです。

今、肉食をやめて魚や野菜中心の食生活に戻せ、といっても普通の人は無理でしょうけど・・・。
posted by おなら博士 at 18:25 | おならの臭い

おならで健康診断

くさいおならは周囲の人達に迷惑をかけるだけではなく、腸の不調のシグナルということが言えるようです。


あまりにくさいおならというのは問題があります。

体調不調のときの強烈な臭いのおならは仕方ないといえますが、日常的にくさいというのは、腸内細菌のバランスが大きく崩れて、悪玉菌が増えていることが多いのです。

そのままの状態を続けていると、突然死を招くメタボリックシンドローム(メタボリック症候群)やガン、心筋梗塞などの生活習慣病になってしまう危険性が大です。

いわば、くさいおならのときは腸が危険信号を出していると言えるのです。

ちょっと変かもしれないけど、日頃からおならの臭いで自身の健康管理の目安にするのも良いかもしれませんね。
posted by おなら博士 at 22:16 | おならの臭い

おならの臭いの分岐点

おならがくさいかくさくないかはどこで分かれるのだろうか?

よく、「お父さんはおならばっかりしてる!」というフレーズは聞くし、「お父さんのおならはくさい!!!」なんて言っている光景もよく目にしませんか?

では、おならの臭いで男女差がはっきり出るのか?と言うと実はそうでもないようですね。


おならをよくする原因としてよく言われているのは、空気を呑み込んでしまう「呑気症」というものや、腸内細菌が多い体質というものがあります。

しかし、一般的に腸管自体の機能には男女差はありません。

ですから、おならの多い少ないや臭いには男女による差はないと考えられます。


結局、くさいおならというのは腐敗型おならと呼ばれるもので、大腸の後半部で腸内細菌の悪玉菌が未消化のたんぱく質を腐敗させて作り出すガスがくさいおならの元です。

対して発酵型おならと呼ばれるものは、臭いもなければ害もない、良いおならということです。
posted by おなら博士 at 22:00 | おならの臭い

おならの臭いを止める

おならの臭いが少しでも弱めることが出来るのなら…

実は善玉菌を悪玉菌より多くしてやれば、おならの臭いは軽減されるようです。


では、どのようにすれば善玉菌の数を増やせるのでしょうか?

善玉菌は乳酸菌を多く摂ればいいと言う説がありますが、生きた状態で腸まで届かなければ意味がない(ほとんどは死んでしまいます)のです。

そこで生きたまま腸内に到達可能な乳酸菌(プロバイオティクス)といった製品が開発・実用化されています。

さらに乳酸菌(プロバイオティクス)は、オリゴ糖(プレバイオティクス)などを、栄養源とすることが分かってきているために一緒に摂ることが望ましいとされています。

また、これらの乳酸菌製品には消化器機能の改善という効果にとどまらず、血圧や花粉症、がんの予防効果までもをうたう健康食品まで現れています。


しかし、腸内細菌に関しては実際に生きている人間の腸内細菌叢(腸内細菌をひとつの生態系とみなす言い方)を観察研究できる有効な方法がないので、医学的な効果についてはまだ十分に実証されていないものも多いそうです。

そのため、乳酸菌を摂れば腸内環境が改善できると言い切れるものでもなく注意が必要ですが、実際は有効とされていますし、少なからず続ければ効果は出ているようです。

効果が出れば、もちろんおならの臭いも軽減されることでしょう。

現段階では疫学調査による検証が進められつつあるということです。
posted by おなら博士 at 21:11 | おならの臭い

おならが臭い

おならの臭いは腸内細菌の種類によっても左右されてしまうのは、ご存知のことと思います。

いわゆる腸内細菌は善玉菌と悪玉菌とに大きく分類できます。

善玉菌は宿主(ヒト)の健康維持に貢献しますが、悪玉菌は害を及ぼすという考えが定着しつつあるようです。


善玉菌とは、ビフィズス菌などに代表されるBifidobacterium属や、乳酸桿菌と呼ばれるLactobacillus属の細菌などで、乳酸や酪酸を作り出すものが多いのです。

反対に悪玉菌とは、ウェルシュ菌に代表されるClostridium属の細菌などで、悪臭のおならの元となる腐敗物質を作り出すのです。


つまり、善玉菌より悪玉菌が多くなると、自然におなら臭もくさくなってしまうのです。

しかし、おならの臭いがくさくなってしまうのは悪玉菌だけの仕業という訳ではないようです。

他には肉中心の食生活をしていると、おならはくさくなります。

これは肉類などのたんぱく質を消化分解する過程で臭いの強いガスが出来てしまうことにもよります。

このガスは極少量でも十分におならを強烈に臭わせるガスなのです。
posted by おなら博士 at 20:47 | おならの臭い

腸内細菌でおならはくさくなる

おならの臭いを決定づける要因の中に腸内細菌が関係している場合があります。

腸内細菌(ちょうないさいきん)とは、ヒトや動物の腸の内部に生息している細菌のことをいいます。



ヒトの腸内には一人当たり100種類以上、100兆個以上の腸内細菌が生息しており、糞便のうち、約半分が腸内細菌またはその死骸であると言われている。

宿主であるヒトや動物が摂取した栄養分の一部を利用して生活し、他の種類の腸内細菌との間で数のバランスを保ちながら、一種の生態系(腸内細菌叢、腸内常在微生物叢、腸内フローラ)を形成している。


腸内細菌の種類と数は、動物種や個体差、消化管の部位、年齢、食事の内容や体調によって違いが見られるが、その大部分は偏性嫌気性菌である。なお、その名称から腸内細菌の代表のように考えられている大腸菌は、全体の0.1%にも満たない。




とありますが、ヒトのおならの臭いをくさくしてしまう腸内細菌とは、ズバリ悪玉菌と呼ばれる種類のものです。


悪玉菌という言葉くらいは聞いたことがあると思いますが、対するものに善玉菌というのものあります。

悪玉菌と善玉菌で善玉菌が多ければ、おならはさほど臭わないと言われていますし、悪玉菌が多ければその分、おならもくさくなってしまうということです。

善玉菌の数を増やすには、生きて腸まで届く乳酸菌を摂取するのが手っ取り早いそうです。
posted by おなら博士 at 20:35 | おならの臭い

おならの臭いを改善する

おならを改善する食事ケアのポイントをお話します。


おならを改善すると言っても、ここでは臭いの改善を目指してみましょう。


おならの臭いが強烈な方の多くは、主に肉中心の食生活などの傾向が強いようですね。


そこで、肉類などのたんぱく質を食べる回数を減らして、ゴボウ、セロリなど繊維質が豊富な食べ物を多くとるようにしましょう。

腸内細菌の悪玉菌と呼ばれる細菌が肉類などのたんぱく質を分解する過程で強烈な臭いのガス(おなら)が発生しています。

悪玉菌が増えないように、腸内環境を整えることも大切です。

日頃から整腸剤などを服用するのもよいでしょう。

発酵食品や乳酸菌、サプリメントなどにより、腸内の善玉菌の増加を図るのもおすすめです。


おならのくさい臭いが、便秘が原因と考えられる場合は、適度な運動やバランスの良い食事を心がけるなどして、便秘を改善することから始めます。
posted by おなら博士 at 22:54 | おならの臭い

おならが臭うのは病気ですか?

おならがくさいのは病気なのでしょうか?

結論から言うと、あまりにくさくて臭うおならの場合は、やっぱり健康に良くないようです。

おならが臭う原因にはいろいろなことが想定されますが、病気以外のおならが臭う原因としては、

 @野菜不足である
 A腸内細菌の悪玉菌が増殖している

の2点が主だったものでしょう。


野菜不足の場合は積極的(意識的)に野菜を摂取することで解決することが可能です。

悪玉菌が増殖していて、おならが臭う場合では、悪玉菌を抑えて善玉菌を増やすことで解決できます。

善玉菌を増やすためにはヨーグルトなどに入っている乳酸菌やビフィズス菌を摂取するのがベターです。


ただし、より高い効果を期待するならば腸まで生きて届く乳酸菌というものを選んで摂取する必要があります。

また、ビフィズス菌はオリゴ糖と一緒に摂ると効果倍増です。

りんごや納豆と一緒に食べると良いですね。

善玉菌のほうが増えると徐々におならの臭いも弱くなっていくようです。
posted by おなら博士 at 22:49 | おならの臭い

おならはなぜ臭い?

おならをしても臭くない人と、臭い人がいるのを気付いていますか?

おならが臭いと我慢して出さないようにしますが、おならを我慢すればするほど身体に悪いという悪循環になってしまいます。


では、臭いオナラにはどう対処すれば良いでしょうか?

オナラ(ガス)が作られるパターンは、主に3通りです。


まず1つめは炭水化物を消化分解するときのおなら(ガス)です。

芋類や豆類などの炭水化物が腸内の細菌により分解されると、二酸化炭素やメタンなどのガスが発生しますが、さほど臭くないおなら(ガス)です。


2番目は、タンパク質で発生するおならです。

肉類や卵などのタンパク質が腸内の細菌で分解されると、アンモニア、硫化水素、インドール、スカトール、揮発性アミン等のガスが発生します。

この時のガスは少量でも、とても強い臭いとなってしまうため、くさいおならとなります。


最後に脂肪系のものを腸内で分解されたとき、揮発性の脂肪酸になるので、汗の臭いのようなおならになるようです。


つまり、くさいおならになるのは、主にタンパク質が分解されるためですが、タンパク質を分解するのはウエルシュ菌といって悪玉菌と呼ばれる腸内細菌です。

善玉菌(ビフィズス菌など)が分解するものより、悪玉菌が分解するものの方が圧倒的に臭いので、腸内環境が悪い(悪玉菌の方が多い)と、オナラは臭くなります。
posted by おなら博士 at 21:43 | おならの臭い

おならは生活習慣でくさくなくなる?

おならや便臭がくさいときは腸内環境が悪化していると考えがちですが、それだけが原因ではありません。


おならは、肉類中心の食生活を送っていると、くさくなりがちです。

悪玉菌は、肉類などのたんぱく質を分解して栄養としているため、肉類中心の食生活を送っている人は、悪玉菌に活力を与えているようなものです。

肉類だけを一度に摂り過ぎるのは良くありません。

更に、穀物を主食としてきた日本人は、肉類が食生活の中心の欧米人よりも腸が長いので、腸内の内容物が長く留まりがちになるので、その分内容物の腐敗も進み、臭いの元の発生量も増えるという訳です。


その他に見落としがちですが、ストレスや疲れなどの健康状態の悪さも、おならに影響します。

ストレスや疲れなどで健康状態が良くない場合、腸の蠕動運動が衰えたり、胃の消化機能が弱まったりすることで、たんぱく質が腸内に多く(長く)残るので、悪玉菌は大喜び、くさいおならが出来てしまいます。

posted by おなら博士 at 21:08 | おならの臭い

くさいおならは腸内環境悪化のサイン

自分のおならの臭いに倒れそうになった経験はありませんか?

おならがくさい原因は、なんでしょうか?

おならがくさい人のお腹の中では、腸内環境が乱れ悪玉菌が増加していたり、肉類中心の食生活になっていたりと、本人でも気がつかない生活習慣の変化がある場合があるのです!

人間のお腹の中(腸内)には、腸内細菌と呼ばれ、有益に働く善玉菌と、有害に働く悪玉菌があります。

通常は両者(善玉菌と悪玉菌)がバランスを保っています。


悪玉菌は、消化吸収しきれなかった肉類等のタンパク質を分解しますが、このときインドールやスカトール、アンモニア、硫化水素などと言った臭いの強いガスが発生します。

これがおならの臭いの元です。

腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が増加してしまうと、臭いの元がたくさん出来てしまうため、おならがくさくなってしまうのです。
posted by おなら博士 at 20:54 | おならの臭い

おならがくさい原因

おならがくさい原因には色々な理由がありますが、一般的におならが異常に多かったり、特別くさかったりする時の原因で一番多いのは、ストレスです。

精神的に緊張すると腸管の蠕動(ぜんどう)が悪くなり胃腸機能が低下して食べ物や腸内ガスを長時間停滞させるために、通常よりも発酵が促進したり、多くのガスが生まれる結果になってしまいます。



他の理由では、腸管の吸収機能が低下した場合もおならはくさくなりがちです。

腸内ガスは、全部がおならとして排泄されるわけではありません。

一部は腸管から吸収されて肺から呼気として排泄されます。(息がくさくなる原因にも!)

腸管の吸収機能が低下するとお腹が張ったり、おならが多くなったりします。


多くは、精神的緊張(ストレス)が原因としては一番考えられますが、念のため内科で腸管機能の検査を受けてみるのも良いですね。
posted by おなら博士 at 20:39 | おならの臭い

おならの臭いの成分とは

おならは臭います。

おならの臭いの原因はなんでしょうか?


おならの主成分は空気です。

空気に関しては臭いはありませんし、空気はおならの約7割を占めていて、窒素や二酸化炭素、酸素などがあげられます。

他の3割を占めるガス系のものが臭いを放つ犯人で、成分は水素、メタン、アセトン、硫化水素、アンモニア、アミン、インドール、スカトールなどで、約400種類もあります。

微量ですが、個人差がかなりあり、当然おならの臭いも個人差があります。

おならの臭いがくさくなるのは、インドールやスカトールといったガスが発生するのが代表例で、肉類などのたんぱく質を分解する際に発生しています。



ちなみにおならの成分研究を主に行ったのはNASAのようです。

きっかけは宇宙船内で、おならが引火したりする事故が起きたとか、そうでないとか・・・。
posted by おなら博士 at 22:37 | おならの臭い

おならの臭いを消す方法は

おならの臭いを消す方法にはどのようなものがあるか知っていますか?


以前あるテレビ番組で、してしまったおならをいかに早く消し去るかというものをやっていました。

その方法はおならのガスを、どうやればその場から早くかき消すことが出来るか?であって、臭いそのものを消すとかではありませんでした。

しかも、おしりをパタパタ叩きながら横移動…、おならをしたのが思いっきりバレます…。


普通の人なら、臭いにはファブリーズとか、制汗デオドラントとかを思い浮かべるでしょう。

しかし、ファブリーズは繊維の臭いを消臭するものですし、デオドラントは汗の臭いを消臭するものです。


実は、ほとんどの人に知られていない繊維自体を消臭剤に変えてしまうという、消臭剤が存在します。


これを使用すると、繊維に消臭機能を持たせることが可能です。

つまり、してしまったおならを密かに消臭することが出来るのです。

ただ、音は消せないので注意です・・・。


また、繊維自体が消臭機能を持つ、消臭繊維というものも存在しています。

しかし、価格面では消臭剤のほうが安くて使いやすいかも知れません。
タグ:臭い おなら
posted by おなら博士 at 21:03 | おならの臭い

おならの臭いを消し去る!

おならの臭い、鼻につくと気になってしまいますね?

しかも、他人のおならとなると吐き気をもよおすことさえあります。

このように、おならの臭いは他人に迷惑をかけてしまうことも少なくないので、できればおならを出さなければいいのですが、生き物(人間)である以上おならが出るのは当然ですし、出なければ逆に病気ということになってしまいます。

また、厄介なことに本人の意思に関係なくおならが漏れるということもないわけではありません。

じゃぁ、出てしまったおならは消臭しましょう!ということに(強引ですか!?)なるのです。


消臭方法ですが、ここでは衣類で消臭するという方法を紹介してみます。

臭いを消すにはいろいろな方法がありますが、ここでは臭い分子を化学的に中和して、臭いのない分子に変えてしまう方法です。

実は市販の消臭スプレーで、衣類を消臭服に変えるデオドラントスプレーというものが既に販売されています。

スプレーした服を着ていれば、わき、加齢臭、足の臭いなど、気になる体臭を、衣類が消臭してくれるというもの。

これをパンツにスプレーすれば・・・、消臭下着に早変わり!

おならの臭いも軽減できるそうです。

もちろんスプレー剤自体に臭いはありません。
posted by おなら博士 at 15:26 | おならの臭い

おなら漏れを消臭する

おならの臭いは、アンモニア、アミン、低級脂肪酸、メチルメルカプタン、硫化水素等の様々な臭いの複合臭です。

通常、臭い成分は、酸性のものとアルカリ性のものとがあって、おならの場合は、両方が混在しているので通常の消臭繊維では、おならの臭いを消臭させるのは難しいのです。

しかし最近では、酸性とアルカリ性の両方の臭いに対して効果がある「消臭繊維」が開発され、その消臭繊維を応用した下着もあるようです。

天然のコットンの繊維に消臭機能のあるカルボキシル基を重合させたもので、ブリーズブロンズといいます。

ちなみに天然のコットン自体にも消臭力があります。

以前、あるテレビ番組で、古着のジーンズを足型に切って、手作りの消臭インソールを作れるというのをやっていました。

ジーンズのコットンにも消臭力があるのです。


元々の消臭力のるコットンに消臭機能を付加した、ブリーズブロンズですが、その消臭試験結果ではアンモニアを5分後に約90%以上も減少させてしまったそうです。

このブリーズブロンズの繊維を使用した、消臭肌着や消臭パンツが販売されていますから、おならの臭いに関してならばこれらの下着を着用するのもひとつの手段と言えそうです。
posted by おなら博士 at 15:02 | おならの臭い

おならが漏れる人は

おならが漏れるという経験をお持ちでしょうか?

おならが頻繁に出る症状で過敏性腸症候群というのがあり、これは本題のおならが漏れるのを気にすれば気にするほど、余計に症状(おならが出るということ)が重症になっていくというものです。

そして、どうやらおなら漏れというのは本人の意思では止めることが出来ないとう重大な事実のようです。


これを解消するのは容易ではありませんが、原因がストレスや気にしすぎることが原因ならば、まずおならの臭いを解決してみるのはいかがでしょうか?


おならの臭い成分には、酸性のものとアルカリ性のものとがあり、おならは両方が混在しているため、通常の消臭繊維では、おなら臭の消臭は難しいのです。

しかし最近、酸性とアルカリ性の両方のニオイに対して効果がある「消臭繊維」が開発されたようです。
posted by おなら博士 at 14:47 | おならの臭い

おならの臭いがひどいのは

おならの臭いがとてもくさい人は要注意です。

通常、おならの約70%が口や鼻から飲み込んだ空気で、残りが腸内で発生したガスや、体内から腸壁を通って出てきたガスです。


おならの臭いが食べ物によって違うことは、あまり知られていない事実なのです。

肉類や豆類を多く食べると、おならはアンモニア硫化水素、スカトールなどのガスが多くなり強烈な臭いを出します。

しかし植物性のでんぷん(イモ類やごぼうなど)を多く食べた後のおならは、あまり臭いはないようです。


ただ内臓に病気があり、消化不良をおこしておならの臭いが強くなることもあります。

例えばアンモニア成分が増えたりしたときには、肝硬変の疑いがあるようです。

他にも悪臭がひどい時は、大腸がんや直腸がんの原因になる悪玉菌が増加しているハズです。

腸内に何らかの炎症を引き起こしている場合もおならは臭くなります。

さらに老化も、おならの量を増やすだけでなく、臭いをより臭くします。

腸内の悪玉菌が加齢と共に増えるためです。
posted by おなら博士 at 11:43 | おならの臭い
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。