スポンサードリンク



TOP> おならの悩み

臭いおならは食生活から改善を


おならが臭い人や、出やすい人は、なぜ臭いのか?なぜ良く出るのか?答えは簡単です。


オナラの主成分は空気中の窒素。

食事の時や、飲み物を飲んだ時に口から一緒に飲みこんでしまう空気(空気の主成分は窒素です)が大半です。

これらが口から出てくる現象が「げっぷ」で、おしりから出るのが「おなら」です。

おならを少なくするには良く噛んで食べること。

これだけで劇的に少なくなることもあります。


また、たいていのオナラはほとんど臭うことのない無臭ガスです。

臭くないおならは、空気の主成分である窒素、炭酸ガス、メタンガスという成分で構成されています。


反対に臭いおならは体内で腐敗時などに生成されるアンモニアや、インドール、スカトール、硫化水素というガスが主な成分です。

臭いは食事内容にも影響され、穀物類が消化の過程で生成される炭水化物由来の炭酸ガスや、メタンガスは殆ど臭わないとされていますが、肉類などのタンパク質や、消化の悪い食物を摂取した場合は、小腸で消化されないまま大腸に届きます。

この消化が十分でない場合に、大腸菌などの悪玉菌と呼ばれる細菌の活動が活発になって、臭いおならの元を作り出してしまいます。

このときのガスの量は、ごく少量でも猛烈に臭いにおいを放つものです。


posted by おなら博士 at 23:03 | おならの悩み

乳酸菌で臭いを解消するときの注意点


おならは人間なら必ず出るものなのです、それも一日の量は約1.5リットルも!

だけど、健康な人のおならは臭くないんですね。


おならは元々口から食べ物を食べるときに一緒に呑み込んでしまった空気が主な原因で、ほかには食物を消化分解する過程で発生するガスなどで構成されています。

しかし現代人の食生活は、欧米化や不規則になったり、栄養価の不足などにより健康を維持するのには危機的状況です。

オナラの悩みは数多くありますが、その中でも匂いが臭いとか、オナラが多い(ですぎる)などが、悩みのトップを占めているようですね。

おならの悩みである臭いを改善するために良く聞くのが「ヨーグルトなどの乳酸菌を多く含む食品を摂取すること」ですが、確かに乳酸菌を摂っているとおならの臭いが軽減されるようです。


しかしこの乳酸菌、摂り方によっては効果半減。

効果的な乳酸菌のとり方は、まずは規則正しい生活リズムを刻むことと、野菜中心の食生活を心がけること。


おならの臭いを解消するには、食生活を改善することで、腸内環境を改善し、善玉菌と呼ばれる腸内細菌を増やし、腸内環境を整えるのが一番効果的と言われます。

このとき一緒に乳酸菌を摂取することで善玉菌を増やす効果をサポートしてくれるのです。


posted by おなら博士 at 22:22 | おならの悩み

おならがですぎるのを解決するには



おなら対策として一番簡単なことが、「おならを我慢しない」ことです。

オナラを我慢すると、我慢したおならは、腸を通して身体に再吸収されて、排出されるはずだった悪い物質が血液に乗って体中を駆け巡ります。


しかし現実問題、どこでもオナラをすることは無理です。


そこで、おならの悩みを解消するためには、オナラの臭いを解消させるか、オナラの量を減らす対策をすることが近道ですね?


そのためには、まず便秘症のかたは便秘を解消すること。

生活リズムを整え、腸に良い食材(生きて腸まで届く乳酸菌が良いです)を意識的に食べるようにしましょう。

二次的効果ですが、腸がキレイになると体臭も消えるのです。


腸内環境は肉や卵、牛乳などを中心とした食事が原因で悪化していきます。

また、便秘や下痢を繰り返したり、おならの臭いが強くなったと感じるときは、腸内の善玉菌よりも悪玉菌が増えて、悪玉菌優勢になっている可能性大です。

逆に、乳酸菌や酵母菌などの善玉菌が悪玉菌よりも多くて優勢ならば、体臭も消えるし、血液はさらさらでキレイ、更に免疫力がアップして、いつまでも健康で若々しくいられるのです。


あまりに臭いおならは、内臓疾患などの疑いが出てくるので、一度専門医(まず内科や胃腸科でも良いと思います)できちんと治療しましょう。


また、内臓疾患ではありませんが、ストレス等が原因といわれている過敏性腸症候群にかかって、オナラの量が異常に多くなったという症例もあります。


posted by おなら博士 at 19:27 | おならの悩み

乳酸菌でおならを解消!


おならを改善(多いとかの量、においなども軽減)してくれるというものが乳酸菌というのは今や結構常識になっていますね?

乳酸菌の効用には様々なものがあって、現在言われているものは、大腸がんをはじめ、ガンリスクの低減作用。

その中でも有名になっているものに、胃がんの原因ではないか?と疑われている、

ヘリコバクター・ピロリ菌の活動を抑制する
花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を軽減させる
免疫活性を活発にする
コレステロールを下げる
血圧を下げる
過敏性腸症候群や潰瘍性大腸炎を予防し、便秘を解消する
(老人性)認知症を予防
歯周病を治す
肌をきれいにしてくれる

と、本当にたくさんの効果があってすごい菌ですね。


その中でも乳酸菌の効用で見逃せないのが、おならの改善効果です。

おならの異常な臭いや、オナラが多く出て困るといった悩みに効果的

オナラの悩みの原因となる悪化した腸内環境を改善するのに乳酸菌を摂るのが効果的なようです。


大切なのは続けることですが、ただ摂るだけでは効果が半減するとのこと。

ずっと乳酸菌摂ってるけど、ちっとも臭いオナラが良くならないとかいう人はちょっとしたコツを守るだけで効果が大です。

簡単に言うと乳酸菌をとり続ける同時に、規則正しい生活と、野菜中心の食生活が大事なのですが・・・。


posted by おなら博士 at 20:31 | おならの悩み

便秘とおならの関係は?


おならと便秘には当然ですが、非常に密接な関係があります。

おならは、どこででもするわけにはいかないのですが、出来るだけオナラを我慢しないほうが便秘のためには良いのです。


現代社会を営むうえで、おならは我慢しなければならないことのほうが多いと思いますが、おならを我慢すると便秘の原因にもなりかねません。

腸内にはおならとしてのガスが溜まっていきますがガスを排出しないで我慢している状態だと、たまったガス(オナラ)は腸を圧迫してしまいます。

腸は圧迫されると動きを鈍らせてしまいます。

腸の動きが少なくなるということは、便を排出する力も弱まるので便意も少なくなり、結果便秘というふうに悪循環に陥るのです。


そして、便秘になると長時間、腸の中に便がたまっていると、体内で便などは発酵状態に。

更に悪いガスが発生します。


このガスはとても臭いのです。

当然オナラになるので、こういう状態になったらおならも当然匂います、一段と臭いのです。


おならだけで済むのならまだ良いのですが、腸内の滞留しているガスは、血管や肺を通じて口臭の原因となることすらあるのです。


こうならないためにも、おならは出来るだけ体外へ出すように心がけましょう。


posted by おなら博士 at 21:58 | おならの悩み

おならと病気について

おならがよく出ると病気なのでは?と思ってしまうことがあります。

しかし、おならがよく出るからといって必ずしも病気ではありませんし、命にかかわる病気であることもまずないでしょう。


一般に、おならが頻繁に出るようになった場合、病的なものとしては、以下の4パターンが主なものになるでしょう。

・お腹をこわしている

・食道や胃、腸などの消化管から出血している
  この場合、胃・十二指腸潰瘍などの病気が考えられます。

・熱がある
  意外ですが微熱があるような場合などは、腸内でガスが多くなるようです。

・過敏性腸症候群
  最近増えている病気です。
  原因はストレスです。
  一般の内科ではなく、診療内科、精神科という診療科になります。


逆に病気ではないのは、

・呑気症
  飲食時に余計な空気をたくさん飲み込んでしまうもの。

・芋類など、おならが出やすいものを食べてる


病院に行く場合は、まず内科というのが王道ですかね?

過敏性腸症候群が思い当たるのなら診療内科や精神科を先に受診されてもよいでしょう。
posted by おなら博士 at 20:45 | おならの悩み

おならが出すぎるのは

基本的には、おならは食べ物の内容や量に関連して増えたり減ったりします。

細かく言うと、その人の消化液や酵素の量にも影響しています。

更にびっくりされる方もいますが、実はストレスもおならに影響しているのです。

一日のおならの量は500〜2,000ミリリットル(ml)ほどで、一回の量は数ミリリットルから150ミリリットル程ということです。


おならの量が多くなる原因は、便秘や食中毒、慢性胃炎、腸炎といった内臓の異常によるものと、牛乳や乳糖を多量に摂取した場合、小腸で消化されない乳糖が大腸の細菌で分解されて、ガスを作ってしまうこともあります。


身体に特に異常がないのにおならの回数が増えてる場合は、ストレスの影響を疑ったほうがいいと思われます。

特に最近の傾向ですが、おならの悩みはストレスによるものが増えています。

イライラすると、副交感神経の働きが弱くなるので、胃腸がうまく機能しなくなる場合が多いようです。
posted by おなら博士 at 10:13 | おならの悩み

頻繁におならが出る人は

おならが頻繁に出て困るという方は、過敏性腸症候群というものになっている可能性があります。


過敏性腸症候群は複数のタイプに分別されますが、その中でもガス型では、頻繁におならが出る症状がポイントとなるでしょう。


主な原因として挙げられるのがストレスです。

実は、腸はストレスの影響を受けやすい部分なのです。


そして悪いことに一旦、過敏性腸症候群になってしまうと(ガス型の場合は特に)おならのことが常に気になるようになり、更なるストレスが生まれ、その新しいストレスが、また原因の一部になってしまうという悪循環が生まれてしまいます。


おなら解消のポイントは、ストレスを断ち切るのがベストなのですが、そう簡単にはいきません。

しかし腸の状態を良くすることで、過敏性腸症候群の症状を減らすことはできます。
posted by おなら博士 at 22:53 | おならの悩み

おならの臭いが気になる

おならが臭うのは当然ですが、自分でした覚えがないのにおならがしてくることはありませんか?


なぜかおならの臭いがしてなりません、という人がいます。

そのような人の中には、実は自己臭症(自己臭恐怖症とも言われます)である可能性もあります。


自己臭症とは、自分の身体から嫌な臭いが出て他人に不快感を与えていると信じ込む症状です。

嫌な臭いというのは、口臭、体臭、おならなど、様々です。


この症状の難しいところは、臭いが出ているという確信が本人は非常に強いという点です。

他人のちょっとした言動を見て、自分から臭いが出ているに違いないと思い込むのが典型的です。

周りから、「そんなことはない」とどれだけ説明されても納得せず、その思い込みは妄想的解釈という言葉にも置き換えられます。

治療するにしても心理的な部分が多いのですが、医師を信じられなくなる場合もあるようです。

通常のおならのときとは違うので、消化器科や内科ではなく、精神科で受診されたほうが良いと思われます。
posted by おなら博士 at 19:54 | おならの悩み

おならの悩みが重大なことに

おならに対する悩みは人それぞれ違います。

回数が多いと悩んでいたり、臭いがとても強い、くさいと悩んでいたりと様々です。

その中でも、あまりに深刻に考えることで、おならのストレスが元で病気になることもあるのです。


そんな悩みには無縁の人には想像も出来ないでしょうが、悩んでいる人は、そのおならの悩みを誰にも打ち明けることができず、悶々と悩みます。

そのことでなる病気の例として、ガス・おなら恐怖症というものがあります。

ガス・おなら恐怖症になる方は、圧倒的に女性に多いのです。

深刻な状態では、おならに対する恐怖から会社を辞めたり、結婚をあきらめたりする女性も少なくありません。


ガス・おなら恐怖症が、女性に多い、特にお年頃の女性に多いのは、男性に比べ、羞恥心が強いからだと推測されるのです。
posted by おなら博士 at 22:13 | おならの悩み

おならの漏れには

おならを我慢して止めたつもりなのに、周りの人が顔をしかめたり、おなら臭について指摘を受けた経験はありませんか?


本人はおならを止めたつもりでいても、おならが漏れているということは有り得ます。


漏れたおならはにおいを放っていますので、周囲の人にも感じる可能性は十分考えられます。

実際、そういう経験が元になって、ストレスからくる過敏性腸症候群という病気にかかる人も珍しくないのです。


ただ、おなら臭に関して言うと、意識している自分自身が他人よりも余計に強く臭いを感じるということを知ってください。

少しはラクになりますよ。


どうしても臭いが気になるのであれば、おなら臭を消す下着というものがありますから、試してみると良いかもしれません。

それがストレスを和らげるひとつの方法であれば、過敏性腸症候群などのストレスが原因となるおならの解消にも役立つ可能性も秘めています。
posted by おなら博士 at 23:05 | おならの悩み

おならの止め方

おならというのは、出してはいけない時に限ってしたくなるものですよね?

おならを止める方法があればいいのに…、なんて思った方も少なくはないハズです。


しかし、おならを止める良い方法は残念ながらありません。


というより、おならは我慢したり、止めようとしてはいけないのです。

といっても、おならを好きなときに出来る環境にいる人はあまりいません。


おならを我慢すると身体に様々な弊害をもたらします。

肝臓に負担をかけたり、便秘を引き起こしたり、発ガンの元になったりなど恐ろしいことにもなるかもしれないのです。

最近ではおならを抑制する薬というのもあります。

ただし、おならは止めることが出来なくても、少なくすることは出来るようです。
posted by おなら博士 at 22:27 | おならの悩み

げっぷでおなら防止

おならの主成分は、口から飲み込んだ空気が約7割も占めています。


ですから、口から空気を飲み込まないことが、おならを防止する上ではとても重要なのです。

しかし、口から空気を呑まないためにはどうすれば良いのかわかりませんね?



口から空気を呑んでしまうパターンには大きく2通り。

食事のときに食べ物と一緒に飲み込むパターン。
食事はゆっくり噛んで食べてください。
そうすることで、食べ物に含まれている空気を追い出すことが出来ます。

もう一つはストレスや過度の不安から、無意識に空気を呑むもの。
これは、呑気症(のんきしょう)とか空気嚥下症(くうきえんげしょう)とかという病名がついていますが、ストレスの解消で症状も治まりやすいものです。

そして、呑んでしまった空気をおならに変えないための方法があります。

普段何気なく行っている行為ですが、おならを少なくする上ではとても重要なことです。

その行為とは、「げっぷ」です。

胃にある余分な空気をげっぷで排出できれば、その分おならの量は減ることになりますね?

posted by おなら博士 at 11:52 | おならの悩み

おならの回数を減らす食事

「自分のおならは、他の人より多いのでは?」と思っている人にとっては、なんとかおならの回数を減らしたいと考えているのではないでしょうか?

「でも、おならなんてどうやって減らせるの?」とも思われていることでしょう。


おならは食事の仕方でも、減らすことは可能なのです。

では、どうやって?


まずは咀嚼回数。

食事はよく噛んで食べてください、咀嚼回数がすくないと、より多くの空気を呑み込んでしまいます。

食べ物には空気が含まれます、おならの約7割は呑み込んだ空気ですから、食べ物に含まれる空気を良く噛んで食べることで追い出すことが可能となり、おならの元となっている呑み込む空気を減らすことが出来ます。


そして、早食いを止めましょう。

早食いは咀嚼回数が減るので、空気をたくさん呑み込むことになります。


もうひとつ、炭酸飲料を控えましょう。

ビールや炭酸の清涼飲料水は空気と一緒に飲んでいるのと変わりませんね?


更に適度な運動で腸の動きを良くし、便通を確保してください。

適度な運動を行うと共に、腸内環境を整えることも大切です。

生きて腸まで届く乳酸菌を摂ることや、ストレスを解消して腸内環境を良好にすれば、おならも減るようです。
posted by おなら博士 at 21:32 | おならの悩み

おならの臭いを消す食事

おならの臭いを消すのは無理 ^_^; ですね?


では、strong>おならの臭いを少なくするする方法って無いものでしょうか?


じつは、おならの臭いは食事の仕方で変わってくるのです。

おならの臭いの元は、腸内で腸内細菌が食べた物を消化分解するときに発生するガスなのですが、消化分解するときに発生するガスにはいろいろな種類があります。

そして、発生するガスは食べたものによって変わってきます。

大腸で分解される食べ物は、芋や豆などの植物に由来するものと、肉などの動物性たんぱく質に由来するものがあります。

特に動物性たんぱく質を分解するときに発生する腐敗型のガスに含まれるものは、おならの臭いを非常に強くするのです。

ですから、食事が肉食傾向だったり、胃腸の機能が弱っていたり、あるいは腸内に悪玉菌が増えるとおならの臭いは強くなります。

また、硫黄分が多いニンニク、玉ねぎなどを過剰に食べたときも、においは一時的に強くなるようです。

肉食中心の食生活を送っている人は、食習慣を見直す良い機会かも知れませんね?
posted by おなら博士 at 21:23 | おならの悩み

おならが止まらないときは

おならが止まらないのは、医学的にみると科学的根拠(エビデンス)のある病気かもしれないという話をします。


そもそも、おならは何故出るのでしょう?

おならの主な成分は、口などから飲み込んだ空気です。

これがおならの全体の7割を占めているのですが、他にも炭酸飲料などを飲むと空気を飲んでいるのと同じとなってしまいます。


口から飲み込む空気以外では、食べ物を分解消化する過程で出来るガスと、血液中に含まれる空気が腸壁を通って腸内に出てくるものが残りの要因だと言われています。


しかし、おならは思いもかけないことが原因で多く発生していることがあるのです。

その思いもかけないこととは、現代社会を生きていくうえでは避けては通れないもの、ストレスです。


ストレスが原因で過敏性腸症候群になりおならが多くなるのか、おならが出るという恥ずかしさがストレスとなり過敏性腸症候群を引き起こしているのかはわかりません。

何らかの精神的な要因が関係していることは十分考えられます。
タグ:悩み おなら
posted by おなら博士 at 10:59 | おならの悩み

おならと腸内環境

おならは、腸内環境などの健康状態を知るためのバロメータといえます。

肛門から出てきたばかりのおならは腸内環境を良く反映しています。

あなたのおならの臭いが急に強くなったとしたら、腸内の健康状態に注意したほうがいいというサインだと思ってください。


それでは、どうしたら「臭くないおなら」にすることができるでしょうか?


まずは、「悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす」ことです。

善玉菌である「乳酸菌」を十分に摂取すればよいのです。

しかし、乳酸菌は胃酸で消えてしまいがちなので、腸まで届くとされる「乳酸菌サプリ」を摂取するのが良いでしょう。


ちなみに、ココアの整腸作用は知られていましたが、コーヒーは胃腸にあまり良くないように思われてきました。

しかし、コーヒー豆のマンノオリゴ糖には、善玉菌であるビフィズス菌の餌となり菌の増殖効果があり、腸内環境を適正に保つ効果が期待できることが分かったようです。

おなら、便臭の気になる方は、試してみても良いかもしれませんね?


他には食物繊維も有効です。

食物繊維の中でも「ココアのリグニン」というのは有効だそうです。

リグニンは、腸内の酵素を活性化し、腸内の有害物質を吸着・排出してくれるので、便秘予防も期待できるとか。


他には、めかぶやもずく等のぬるぬる成分の「アルギン酸やフコイダン」もよいそうです。

めかぶ納豆もいいそうですね。

めかぶ納豆は「海のぬるぬる」と「山のぬるぬる」とが協力して相乗効果で腸内環境を整えるそうです。
posted by おなら博士 at 22:23 | おならの悩み

おならがよく出る人へ

おならがよく出て困っている人はいませんか?

わたしもおならがたくさん出るので困っています。

おならが多い人は腸内にガスが溜まりやすいか、何かおならの原因になる病気を持っているかではないでしょうか?

おならが頻繁に出るようになる状態で病的なものとしては、次の4つ位が有名でしょう。

おなかを壊してる
 問答無用です、おなかを治しましょう

食道・胃・腸などの消化管から出血している
 胃・十二指腸潰瘍その他の病気

熱がある
 微熱があるような場合や熱がこもったような感じになる場合、腸内でガス発生が多くなります


 最近増えていて、ストレスなどが大きく関係しています
 一般の内科ではなく、診療内科、精神科です


一方、病気でないのは、

呑気症
 食べたり飲んだりするときに余計な空気を飲み込んでいる

芋などおならの出やすいものを食べてる

といった具合でしょうか。

まずは内科で診てもらうと良いと思います。
もちろん過敏性腸症候群など、特定の疾患の症状があるとかであれば、該当する診療科目でもかまいません。
posted by おなら博士 at 22:55 | おならの悩み

おならを我慢する

成人一日の放屁量(ほうひりょう)は400〜1,200mlと言われています。

おならを我慢すると腸に溜まります。

我慢したおならは、腸壁から吸収され、呼気や皮膚から排出されたり、肝臓、腎臓などで処理されて外に出ます。

毒素を含んだガスは腸管を傷つけ、肝臓機能や免疫力の低下につながるとも考えられています。

心身のストレスは腸のぜん動運動を弱めます。

ガスがたまって、おならの回数が増えたり臭くなったりします。

腹痛を訴える人のなかでは、腸にガスがたまっていることが原因の場合もあります。

おならを我慢すると良いことがありませんし、健康面で悪いですね?

たとえおならでも、やはり過ぎると病気のことがあるので、医師に相談してください。

治療方法としては、活性炭療法や、乳酸菌療法、抗生物質で腸内細菌叢を変える方法等があります。

おすすめするならば、漢方療法だそうです。


また、おならは体調の変化を映します。
それでは、良いおならを出すにはどうすればいいのでしょうか?

食物繊維をしっかりとり、腸内の環境を整える」ことです。

食物繊維はコレステロールを体外に出すほか、悪玉菌の活動を抑え、有害物質を吸着して便として出してくれ、腸内の掃除役となっています。

厚生労働省は、成人で1日20〜25gの食物繊維の摂取を揚げていますが、実際は平均15gにとどまっています。
タグ:悩み おなら
posted by おなら博士 at 00:00 | おならの悩み
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。